東京・・・その2 グルメ編

木曜日, 1月 7th, 2010 @ 18:13:11 | blog

12月に東京へ行った話をした。(前々回)

当然食事をする。で、今回は、ほとんど娘に連れて行ってもらった。(喜)親バカ度200%

まずは吉祥寺で食べたラーメン。

全国的に超有名な『ホープ軒』でいただいた。

娘は、かつて隣駅の荻窪に住んでいた僕の弟から(娘からすると伯父さん)教えてもらったらしい。

hope.jpg吉祥寺駅前には浜ん町くらいのアーケイドがあるが、その横丁に店はあった。

行ってみると、3人ほど並んでいる。僕らもその後に並んだ。

店の兄ちゃんがメニューを取りにきた。近頃はやりの食券じゃないところが気に入った。

しかし、メニューはたったの二つきり。ラーメン、もしくはチャーシューメン、のみ。

僕らは、娘の勧めるチャーシューメン。

ラーメンのみだから回転は速い。すぐ順番はやってきた。

僕は意外に大食漢だから、ラーメンのみで大丈夫だろうか? と少し不安だったが 、カウンターに座ったとたん、不安は吹っ飛んだ。

soft-11.jpgでかいのだ、どんぶりが。長崎のチャンポンの1.5倍は軽くある。

見てると、麺とスープでどんぶりは満たされ、その中央に、こんもりともやしが積まれ、回りにチャーシューがたっぷりと重ねられてゆく。仕上げに海苔。

写真だと普通のラーメンに見えるが、長崎のラーメンの倍は楽にある。

全部食えるか心配になってきた。

・・・・食べた。・・・まぁ、うまかった・・かな。・・・・

スープは、とんこつ?・・・よくわからん・・見た目とんこつやけどね・・・麺は細めの縮れ麺でぷりぷりしてて美味い。soft-2.jpgチャーシューは昔っぽい普通のやつ。もやしと海苔はもう一つ・・・・

まっ、僕には東京のラーメンは、今ひとつ合わないということなのだろう。

量的には腹一杯。これで850円はお手頃かも。

この日の東京はとにかく暑かった。ので、途中新宿で、『GROM』 というジェラート屋さんに寄る。大ブレーク中らしく、お客でいっぱい。

写真は『レモンソルベ』。これで、何と520円もしやがる。

でも、スンゲェーうまかったのでOK。シシリー産レモン100%らしい。

自称、前世はイタリア人の俺様なので、より良いね。

この日の夕食は、娘の地元、吉祥寺に戻った。

『鳥良』というその名前通りの、鳥料理が名物の居酒屋らしい。

娘が言うには、この店、吉祥寺だけで4店舗ほどあるらしいがどれも大繁盛しているらしく、本当に連れて行きたかった店はすでに予約でいっぱいだったので、第二候補の店へ行くらしい。

toriyoshi-2.jpg駅前から、たったの1〜2分で着いた。

玄関見ただけで、店の内容が確信できる。

残念ながら写真は撮り損なった。とにかく、店内はお客でいっぱいで活気に溢れていて、年齢層も広く、内装もおしゃれで、勿論、料理も言うこと無しだった。

名物の手羽先は名古屋名物のピリ辛手羽先だった。しかし、それよりも他のメニューの美味しさが際立ってたなー。

鳥皮の和え物とか、冷や奴に胡麻油とか、串ものとか、とにかく、全部美味かった。

こんな居酒屋だったら、長崎でも大繁盛間違い無しやろうな。

ただ、人口が違いすぎて魅力無いやろうな商売としては。。。

・・・・・・

さて二日目。この日の昼食は渋谷。

今日のメインは何といっても夜のカニ。(娘のバイト先であるかに道楽を予約済み)

udon.jpgので、昼は軽くと言うことで選んだのがうどん。

がしかし、ただのうどんじゃなかばーい。 何といっても娘セレクション(親バカ度300%)。『京うどん 夢吟坊』

で、いただいた!! もーちょー美味かった!! 美味すぎて写真忘れた。

麺は、好みでない太めのものだったが、そんなこと一切気にならないほど出汁が美味い。

とにかく美味い。関西らしく透き通ったきれいな出汁で、鰹節の香りが鼻孔をくすぐるくすぐる。

勿論、麺も美味かったよ。太かったけど、ツルツルシコシコで。

僕が食べたのは、うどんと麦とろのセットだったのだが、この麦とろがまた美味かった。少し味噌が利いていてね。

おまけに、ご飯についていた漬け物がまた絶品!! さすが京都!! いつか行くぞ京都!!

しかし、昔はこんな店、東京には無かったな〜。

渋谷に行く機会がある人は是非!!  (渋谷マークシティ1Fの奥)

・・・・・・

kani1.jpgさてさて、いよいよメインイベント、夕食の時間がやって参りました。

今日もいろんなトコ歩きまくってくたくたで腹ぺこ。

松尾家御一行は、バスに乗って仙川まで。

夕食は、娘が大学入学以来お世話になってるバイト先『かに道楽』。

そう、あの大阪の、動くカニのオブジェで有名な店。

仙川の駅で、奥さまの高校以来の親友サチコ嬢(この方、北野たけしさんのスタイリスト)も合流してお店を目指した。

意外に広い店内。こじんまりしたお店かと思いきや、150名は収容可能だと言う。

僕らは和室の個室に通された。勿論、これでも一応人の親。ちゃーんと方々ご挨拶はきちんと済ませましたよーん。。

で、どーよ!! この壮観!! これでも全部ではなーい。

一応説明。A=茹でがにの三種盛り。つまり、ズワイにタラバに毛ガニ全部味わえる。

B=ズワイガニの刺身。C=ズワイガニの味噌。D=タラバガニの唐揚げ。E=生ズワイガニの寿司。F=カニグラタン。G=タラバの焼きガニ。H=かにすき。I=押し寿司と巻寿司と吸い物。

味の説明はしない。美味いとしか言いようが無いから。

僕にとっての一番は、やっぱ焼きガニかな。炭火でこんがり、肉汁が吹きこぼれて、レモンをジュッと・・・あ〜よだれが・・・・。勿論、茹でも美味いし、かにすきも絶品だったのは言うまでもない 。

しかし、カニ食べるとやっぱ無言になるのは本当やね 。

僕らは、これに、ビールに白ワインに日本酒取り混ぜて楽しんだのであーる。

(今後とも、娘をよろしくお願い致します。親バカ度1000%)

 

Recently

  • チューブマイクまとめ
  • チューブマイク祭り その2
  • チューブマイク祭り その1
  • レコーディング連発 その2
  • レコーディング連発 その1
  • お寺PAシステム
  • 久々・・・・
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive#2
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive
  • スタジオ・リニューアル#8
  •  

    One Response to “東京・・・その2 グルメ編”

    1. http://kanisyabusyabu.biz/ Says:

      日本全国には、かにで有名なところが色々ありますが、地元で獲れたかにが買えるのが一番ですよね。2つ目のポイントが、なるべく複数の業者を介さずに直接送ってもらうことです。鮮度が断然違ってきます。更に、ネットの業者比較サイトや口コミサイトなどの要素をプラスしてかに販売店を選べば、美味しいかにを手に入れたも同然ですね。

      ネット通販には優良サイトと同じくらい危険なサイトがごろごろしており、かに通販も例外ではありません。写真ひとつ取っても実物と程遠いものを使うなど、きちんとした買い物などできないばかりか、詐欺にあう可能性もあり、こちらが近づこうものなら、引っ張り込もうと待ち構えています。

    Leave a Reply

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>