MorrisonとDianeにはずれ無し

木曜日, 12月 3rd, 2009 @ 12:06:45 | blog

最近、さぼりがちですんまそん! 今年の最大イベント月間も無事乗り切り、気がつきゃ年末だ。

前回でも触れたように、忙しい最中でも、ちょっとした時間さえ惜しんで取り組んだお陰で、何とかDVD編集もトールケースデザインも形になった。近いうちに身近な人にはお披露目できると思う。お楽しみに!

ところで、今回は最近気に入っているアーティスト二組を紹介しよう。

一人は男性で、ジェイムス・モリソン、もう一人は女性でダイアン・バーチ。それぞれイギリス人とアメリカ人のシンガーソングライターだ。

21h48nfkk9l_sl160_aa115_.jpg41888q8gqsl_sl160_aa115_.jpg

サウンドも、実にブリティッシュとアメリカンの作法に忠実なので是非聞いてほしい。

・・・・

・・・・・

・・・・・・

まずはジェームス『Call The Police』


素晴らしいハスキーボイスと曲だと思う。本国では既にジョー・コッカーの再来の呼び声もあるらしいが、なんと25才?らしい。
恐ろしいね。
次にダイアンの『Fools』


初めて聞いたとき、思わずカーリー・サイモン? と思ったほど当時の空気感を感じる作風と声だ。そのキュートなルックスに似合わない芯の強そうな声。惚れちまうな〜。。。。二人のPVを埋め込むためにYou Tubeを検索しているうちにこんなもんを発見。『With a little help from my friendその1』『With a little help from my friendその2』



才能と才能は呼び合うんだろうな〜・・・・素晴らしい。この曲、作曲はビートルズで、それをジミー・ペイジがアレンジし、ジョー・コッカーが歌ったバージョンのカバー。さすが、お分かりになってらっしゃる!!少し音は悪いけどね。しかし、観客の盛り上がりは尋常じゃない。これぞライブ!※タイトルは、ご存知の通り、モリソン性とダイアンという名前には素晴らしいシンガーが多いという意味。

 

Recently

  • チューブマイクまとめ
  • チューブマイク祭り その2
  • チューブマイク祭り その1
  • レコーディング連発 その2
  • レコーディング連発 その1
  • お寺PAシステム
  • 久々・・・・
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive#2
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive
  • スタジオ・リニューアル#8
  •  

    Leave a Reply

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>