27年ぶり

水曜日, 5月 20th, 2009 @ 15:53:48 | blog

img_0567.JPG27年前テレビで見て以来、ずっと心のどこかにトゲのように刺さったまま忘れられなかったドラマがある。

その作品こそ『幕末青春グラフィティ坂本龍馬』だ。

名作の誉れ高かったはずなのに、再放送される事もなくDVD化されるでもなく、ファンの心の中にだけ存在し続けているのかと思っていた。

それを突如として見る事が出来た。僕のブログを見て下さった方からのカキコによって!!

ありがとうございます!! KITONさん!!

早速、PCの前で背筋を伸ばして拝見させて頂きました。。。。。

1時間45分。・・・いやー、速かった。こんなに短かったっけ?

僕の中では、トータル3時間ぐらいの大作のはずだったんだけど・・

しかし、印象的なシーンの記憶は鮮明で、殆どそのまま記憶していた。

img_0576.JPG若き武田鉄矢(当時、33才)の、情けなさ満点の新しい龍馬像は、圧倒的に新鮮で、夢を見つけられないで悶々としている姿は、当時の僕の悶々ぶりと完全にシンクロし、すっかりはまってしまった。

そして、なんといっても、故・夏目雅子さんの美しさと可憐さは空前絶後!! 僕にとって史上最高のお龍さんだ。

それに、外せないのが音楽。なんと全編ビートルズ!!(どんな魔法を使ったんだろう? 再発されない理由もこれだろう)

やっぱ、『Let it be』が流れて来た時には涙がこぼれた。

しかしみんな若い。吉田拓郎の髪もふさふさのロンゲだし、陣内孝則は、まるっきりの駆け出し俳優だし、島田紳介もやせすぎてて、しゃくれが今より3割増しや。

キャストがスゲェーのだ。今ではみんな大物になっちまってるミュージシャンに役者に芸人の大集合、何でもありの男祭りなのだ。

img0212.jpgimg0221.jpgとにかく青春の熱さに時代は関係ない、というのがテーマのような気がする。。。。。

しかも、この情報を頂いた日の前々日(つまり、一昨々日、つまり、17日。) 、僕はこんな本を買っていた。(PHOTO-1)
『龍馬の長崎』。まさに、天恵。。。。

これは、長崎の方が、長崎目線で龍馬を紹介した本だ。短いし読みやすいし、龍馬入門編としては最適だと思う。

僕としては殆ど既知の情報だったが、マニアとしては買わねばなるまい。作者が長崎の方だし。

で、ついでといっては何だが、龍馬にちなんで、いくつか龍馬本を紹介しよう 。

PHOTO-2。これは昭和60年に買った『歴史読本別冊 坂本龍馬の謎』という雑誌。

それまでの僕は、狂信的な『竜馬がゆく』のファンであり、その竜馬こそが本物の龍馬だと信じて疑わなかった。

しかし、僕に小説ではなく、史実の龍馬、真実の龍馬に目を向けさせるきっかけになった本がこれだ。

内容は盛りだくさんでどれも興味深い物ばかりなのであるが、白眉なのは、65才になっていたお龍さんのロングインタビューだ。

あの激動の幕末から明治なって既に40年あまり。 もはや老齢であるはずの、しかも他人の妻になっている女性の口から出て来たのは、まるで昨日の出来事であるかのような生き生きとした龍馬との日々。

あー、お龍さん、本当に龍馬を愛していたんだな〜 。。。。なんか嬉しくなってくる。

img023.jpg次は、松浦玲 著『検証・龍馬伝説』2002年発刊。

これは、そのタイトル通り、徹頭徹尾創作を排し史実のみを丹念に追った、龍馬の事実関係を知るには最高の書。

これは、正直、司馬・龍馬にどっぷりの人から見れば、えーっ、ちょっと待ってくれよ、とでも言いそうな場面が結構出てくる。 でも、作者の冷徹な目は、一切の思い込みや甘えを許さない。

その分、信頼できる。。。。何だか、哀しくなるけどね。龍馬が可哀想で。。。

それでも、龍馬の魅力には一ミリの後退もない。どころか、スーパーマンではない生身の龍馬像に近づいて、さらに好きになっちまったのだった。(モーホじゃねーよ。)

以上、僕の秘蔵本のごく一部でした。

・・・・・・・・

日頃僕は、このブログをどんな人が読んでいるか等はほとんど気にしない。せいぜい、ごく身近にいる、良く知った変態諸氏君等の反応を気にするぐらいだ。

ていうか、それ以外に誰も見ていないと思っていた。

しかし、そうではないんですな。。。。何か嬉しくも有るし、大人として責任ある文章にせねば・・・(できねぇだろうな・・・)

この度は、本当にKITONさんありがとうございました。

(いやはや、いよいよ来年の大河『龍馬伝』が楽しみになってきました。)

 

Recently

  • チューブマイクまとめ
  • チューブマイク祭り その2
  • チューブマイク祭り その1
  • レコーディング連発 その2
  • レコーディング連発 その1
  • お寺PAシステム
  • 久々・・・・
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive#2
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive
  • スタジオ・リニューアル#8
  •  

    12 Responses to “27年ぶり”

    1. tsuka Says:

      師匠。昨日は連絡いただきありがとうございました!

      ついに、とうとう・・・本気で横浜のテレビ映像データ管理博物館まで行って見ようと思っていた『幕末青春グラフィティ坂本龍馬』を一挙に見ることができました!!

      もう半ば見れないかも・・とあきらめていたところも正直あったので、昨夜はほんと夢のようでした。

      よくぞここまで集まったなぁ~としかいいようがないほどの素晴らしい出演者たち、独特の空気感、、『Let it be』をはじめとする前編のビートルズサウンド・・・

      いろんな龍馬を演じられた方の映像を見てきましたが、武田鉄也さんの映画バージョンよりなんかすごくはまり込んだ武田さんの姿。

      吉田拓郎、陣内孝則・・どの出演者もなんかすごくはまってて、素晴らしく、あっという間の1時間45分。

      俺もパソコンの前に釘付けでした・・・。泣きそうでした。

      その中でも、お龍を演じた夏目雅子さん・・・師匠に話を聞いていた通り、一番お龍さんらしくて、ほんと鳥肌もんでした。

      とうとう見れました!今も感動しとります。なんか、言葉になりません・・・。

      この情報を師匠に教えてくださったKITONさんにもほんと感謝ですね~。
      I先輩にも今から連絡します!!

      俺も今日、龍馬の本を2冊買いました。「龍馬の長崎」と「龍馬のピストル」。
      今夜は早く帰宅できたので、今から読書っす!!。

      早く龍馬会ば開催したかですねぇ~。
      まだ、興奮してます。これからもますます変態に磨きをかけていきたいと思います!!(笑)。

      ききカステラにも参加したいっす!。
      ありがとうございました~!!

    2. KITON (東京人) Says:

      こんにちは KITON です。

      良かったですね、観れて。
      実は私VHSの標準で持っているんですよこの映像。
      観れなければDVDにダビングして送ろうと思っていたのですが、観れて良かった。
      昔、友人が「見たい」といったのでダビングして渡したら、なんと「そいつ」ヤフーで売りやがった!。
      それ以来このドラマのことは私にとってはタブーです。

      なぜECHOFIELDさんに連絡したかというと「TV版 坂本竜馬」が観たいという気持ちがヒシヒシと伝わって来ましたから。

      オープニングもぜひ観てください
      http://www.youtube.com/watch?v=oo_R-xlSp-c

    3. KITON (東京人) Says:

      ひつこくて済みません、こんなのもありましたね。

      http://www.youtube.com/watch?v=p8tQbrxtdGs&NR=1

    4. マッキー Says:

      あ、このドラマ断片的に覚えてます!。てっきり映画だと思ってました。
      ずーっと昔に見た記憶があります。

      龍馬フリークではない私の中の龍馬像は
      この武田鉄也さんとNHKかな?アニメ「おーい竜馬」だったりします。
      (熱烈なファンを前にすみません、怒らないで下さい、^^;)

      27年前といったら小学校の高学年に入ったあたりですが、
      なんで覚えてるのかといえば、その頃にビートルズを聴き始めたからでした。
      ビートルズの曲がドラマで流れていることに驚いたような
      断片的な記憶があります。

      というわけで、私の中の龍馬像はコミカルでロックで九州男児な侍、
      のイメージ。かなり解釈ずれているような気が、、
      怒らないで下さい、(^^;)

    5. admin Says:

      TSUKA君、楽しんでもらえたようやね。良かった良かった。
      これもみな、KITONさんのお陰です。カステラ選手権、6月開催です。空けといて。

      KITONさん、本当にありがとうございます。長年の夢が叶いました。
      この上なんですが・・・DVD何ぞは・・・その・・・お願いするわけにはいかないでしょうか?
      勿論、費用は掛かって構いません。 
      よろしくお願いします。

      マッキー、良かとよ、龍馬はどこから入っても。懐深い男やけんね。

    6. KITON (東京人) Says:

      そうですか、やっぱり要りますか。

      探してみます、何せVHSが1万5000本位有るもので中々見つからなくて。
      見つかったらご連絡します。

    7. admin Says:

      KITONさん、すいません。嬉しさのあまり、思わずズーズーしいお願いをしてしまいました。

      本当に、見つかったらでよいです。
      本当に、この度はありがとうございました。

    8. KITON (東京人) Says:

      KITONです、テープが見つかりました。

      録画した時にノイズを拾っていますがよろしいですか?
      送り先はprofileの場所と名前でよろしいですか?
      DVDは、どのような仕様がよろしいでしょうか?

    9. admin Says:

      KITONさん、ありがとうございます。なんかありがた過ぎてふさわしい言葉も見つかりません。

      ノイズ等構いません。送り先はProfileで結構です。
      DVDの仕様とは? こんな仕事をしているくせに映像についてはよくわかっていません。

      普通のDVDプイヤーで映るのであれば良いのではないのかと?・・・
      1時間45分のVHSですから、一枚に2時間入る仕様のもので良いのではないでしょうか?
      勿論、ヤフオクなんかに出したりは決してしません。

      送料、経費等、お支払いいたしますので、その旨お伝え下さい。

    10. KITON (東京人) Says:

      ありがたがるのは届いて観てからにしてください。

      曲がギリギリまで入っているのでカットしたくなく、高速ダビングのVRモードでの録画になりました。
      デッキによって観れない機械があるかもしれませんが、確かにダビング出来ています。
       では後ほど。

    11. KITON (東京人) Says:

      着いてます

      クロネコヤマト 2629-4706-7434

    12. admin Says:

      KITONさん、たった今受け取りました。実際には昨日到着していたようなんですが、仕事で外出中だったもので、今日になりました。

      とにもかく、おっしゃる通りに観てみます。
      それから改めて連絡致します。

      ありがとうございます。

    Leave a Reply

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>