愛機シリーズ 番外編#5 CAE&MXR Boost:OverDrive

土曜日, 11月 1st, 2008 @ 11:56:58 | blog

昨日で十月も終わった。はえーーーーーー!! 今年の速さは何だ???

それに、今年は何だか秋らしい日が少ない。ずーっと夏で、ちょっと涼しくなったと思ったら、もう寒い。

すかーっと秋晴れで、気温もちょうど良い、という日が少ない。

このまま冬はいやだな。。。。

cimg1128.JPGまっ、そんな事とは関係なく久々の愛機シリーズ番外編。続きますオーバードライブ。

今日のゲストは、カスタムエンジニアリングの雄、CAEと、エフェクター界の老舗、MXRの共同開発機器、Boost&OverDriveだす。・・・・しかし、まんまのネーミングやな。何か無かったんやろうか?

その名の通りのペダルです。面白みは無い。

僕は、こいつのブースター部分が欲しくて購入した。オーバードライブはおまけですな。

ブースター部分は、昔からあるMXRのマイクロアンプと同様のものと思って良い。

いわゆるクリーンブースターで、何も足さず引かない。原音そのものをプッシュアップする。その幅は20db もある。マイクロアンプと比べると、さすがにSNは良い。

僕はこれを、マーシャル1959で、もう一押しのオーバードライブが欲しい時に使用する。

限りなくマーシャル本来のトーンを保ったままでゲインアップしたい時はベストチョイスだと思う。

で、おまけのオーバードライブ。・・・・これは、・・・うーん、何と表現したら良いのかな?

いわゆるチューブスクリーマー・タイプのようにミッドレンジを押し出した、コンプ感の強いものではないし、

ラットのようなハイゲイン・ディストーションでもない。

しかし、ゲインはけっこう深く、音質はぶっとい。・・・・

プリアンプだな、こりゃ・・・・

ツインリバーブに繋いで音を作っても、これ単体で充分な歪みが得られるし、ギターのボリュウムを絞ってもトーンは鈍らない。もちろん、マーシャルに繋いでモアドライブとしても充分いける。

どちらかというと、細めの音質のストラトに合う。

まぁ、いわゆるLAミュージシャン御用達、とでも言えば良いのか?

正直、悪いとこ等無いのだが・・・・・・・・・・好みではない。

 

Recently

  • チューブマイクまとめ
  • チューブマイク祭り その2
  • チューブマイク祭り その1
  • レコーディング連発 その2
  • レコーディング連発 その1
  • お寺PAシステム
  • 久々・・・・
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive#2
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive
  • スタジオ・リニューアル#8
  •  

    2 Responses to “愛機シリーズ 番外編#5 CAE&MXR Boost:OverDrive”

    1. マッキー Says:

      CAE x MXRなんてものがあったんですね。
      さすがにいろんなモノを持ってますね、(@o@)。
      このエフェクタよく見ると右から挿して左に出力するみたいですね。
      逆だ。不思議。

    2. admin Says:

      まっ、キャリアだけは長いからね。。。。

      でも、ペダルエフェクターは、それほど持ってる方ではないよ。
      他に珍しいもんといえば、MaxonのFL-305(30年程前のコーラスのようなフランジャー)ぐらいかな。

      ただ、オーバードライブ(ブースター)にはちょっとこだわりがあって、ここ2.3年で結構集めたよ。

      これからも紹介していきますのでお楽しみに!!(楽しいのか?!?!)

    Leave a Reply

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>