ハマスカ#5 チェリー・レッド・グランジ

月曜日, 9月 22nd, 2008 @ 14:20:32 | blog

今日は、朝から豪雨だった。予報でも、昼過ぎまで雨、その後曇り、のはずだった。

ところが、11時の現場集合のため、10時半過ぎに自宅を出る頃には、雨は上がり、西の空には青空さえのぞいていた。

さすが晴れ男。天晴。。。。

長崎では、稲佐山と岩屋山に雲がかかっていなくて、西の空に青空が見えれば、ほぼ確実に天気は持ち直す。

子供の頃からの体験に基づく知識だ。

さて、そんな昨日の現場は、僕にとって、なんと5週間ぶりのハマスカ。約一ヶ月半ぶりだ。

080921_140303.JPGゲストは、キュートな女性ボーカル、コニィちゃんとおっさんギター(失敬、塚原君)のアコースティック・デュオ、チェリー・レッド・グランジ。

ギターの塚原君と、最初に会ったのは、23〜4年前、僕がエンジニアをしていたライブハウスだったらしい。

らしい、というのは、実は僕は覚えていない。

言い訳がましくなるが、当時はバンドブームの最盛期。
毎週、とてつもない数のバンドをオペレートしていた僕が、恐らく学生だった塚原君を覚えていなくても許してたもれ。

それから約10年後、彼は、自分のバンド、ジョイ・ジャック・ストリートを率いて、我がエコーフィールドスタジオに来てくれた。オリジナル・ミニアルバムを創るためだ。

ブルース・ロック風の男臭いバンドだったと記憶している。僕も、へたくそなギターソロをぶち込まさせてもらった。

080921_142201.JPGそれからしばらくして、バンドを解散させた塚原君。

かわいい女子を相方に、アコースティックデュオをスタートさせた。
欲望に素直になったんだね。

うらやましーぞ!!

まっ、そんなことより肝心のライブなのである。

サウンドは、基本的には、生ギターにさわやかで透明感のあるボーカルが絡む、いわゆるアコースティックなものであるが、それプラス、塚原君自身の打ち込みに依る、本格的なオケも有る、色彩感のあるもの。

いずれにしても、全体を貫くトーンは、彼らの穏やかな人となりを表すように、優しく詩情豊かなものだった。

選曲も、オリジナルだけではなく、松田聖子の“瑠璃色の地球”なんていう渋いカバーも有ったりで、バリエーションに飛んだ内容だった。(個人的に、“瑠璃色の地球” は、松田聖子の最高の名曲)

コニィの喉の不調もあって、しばらくライブをお休みしていたらしいのだが、昨日の歌声を聞く限り、完全復活といっても差し支えないのではないだろうか。

“桜咲く大地”という意味のバンド名のように、今後のさらなる活躍を期待しています。
皆さんも、是非、彼らのライブへ行ってみてください。

 

Recently

  • チューブマイクまとめ
  • チューブマイク祭り その2
  • チューブマイク祭り その1
  • レコーディング連発 その2
  • レコーディング連発 その1
  • お寺PAシステム
  • 久々・・・・
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive#2
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive
  • スタジオ・リニューアル#8
  •  

    8 Responses to “ハマスカ#5 チェリー・レッド・グランジ”

    1. マッキー Says:

      ちょうど先日ツカさんのCryBabyをいじった(True bypass)ところで
      今回ツカさんの話題でした。(^0^)

      さて、昨日マスターをプレスに送り自分の作業が終了しました。
      気になるところがまだまだあり後ろ髪を引かれる思いもありますが、
      スケジュールのリミットでした。
      全て含めてこれが今の自分の実力なんだと思い知った次第です。
      10/Mにはプレスが上がりますので厳しい指導を覚悟して伺います。
      どうぞよろしくお願いします!。(^0^)

    2. admin Says:

      へぇ〜、トゥルーバイパスねぇ〜。

      良かったら、俺のCry Babyもやってくれんやろうか?
      お願いしますだ。

      New CD 楽しみにしてます。

    3. マッキー Says:

      改造OKですよー。
      ただちょうど先日の分で部品切らしてしまってて。。
      発注に少しお時間頂けたら大丈夫です。(^-^)

    4. tsuka Says:

      さすが、晴れ男である師匠。朝からの物凄い雷雨が快晴となったハマスカでのライブ、大変お世話になりました。

      子供の頃から住み慣れたこの街で、ふるさとの懐かしい友人たちの表情を感じながらのライブ、嬉しかったです。

      ボーリング場そばのライブハウスで、高校当時組んでいたラウドネス系バンドのオペレートをしていただいて、しばらくして、「ジョイジャックストリーツ」というブルースロックバンドを引き連れてオリジナルミニアルバムのレコーディングして頂いた20代後半から数年後、30代半ばにアコースティックデュオ「チェリーレッドグランジ」を結成し、40代になり、再び師匠のフィルターを通ることが出来たよろこびを感じながらギターを弾いておりました。

      これからもCherryRedGrunge(ちぇりぐら)で、ゆっくりと創造していきたいと思います。

      よろしくお願いいたします。

      来週はハマスカ、ミッキーくんの応援に行きます~(^0^)♪。

      そうそう、コメントに登場したワウの件ですが、あるライブでマッキーくんが調整したギタリストの方のCryBaby(True bypass)の音があまりにも素晴らしくて、僕も調整を依頼しました~。
      できあがりが楽しみですぅ~。

      また呑める日を楽しみにしています。

      ありがとうございました。

    5. マッキー Says:

      ツカさん、御無沙汰しております!。
      ツカさんの演奏自体を聴く機会がなかなかなく
      飲んでる姿か裏でギターをポロンポロン弾いている姿しか
      見たことがないのでした。是非今度はプレイヤーの姿を
      見たいと期待しております。(^-^)

      ワウですが、2-3週ほど前に作業が終わってDo4Fにあるはずです。
      Oプロデューサからツカさんに伝えて頂く様話をしてたの
      ですがすみません、上手く伝わっていなかったようです。m(__)m
      お手数ですが是非取りに行って確認されてください。
      調整も必要(踏みしろとか、掛かり具合とか)かもしれませんので
      使用に違和感があれば気軽に御連絡下さい。↓
      makipro@yahoo.co.jp

    6. マッキー Says:

      ご参考までにCryBabyのtrue bypassですが、
      jim dunのGCB-95モデルベースです。それ以外はやったこと
      無いです。似た回路だとは思いますが、(^^;)
      改造では以下のことをやってます。
       
      ・プッシュスイッチを3Pから6Pに交換、
      ・入力初段のampを外してその信号をハードバイパス
       させてOUTに繋がる回路を新設、(true bypassです、)
      ・Effect wet/dry表示のLEDの追加、

      上までが基本でやってあとは依頼者の好みで
      ・low cut コントロールの追加、
      ・コンデンサ値を変えて可変周波数領域を変更、
      をしています。
      自分用のはクリーンカッティング用に踏み込んだときの
      帯域を少し低くなるようセットしてます。

    7. admin Says:

      すばらしいね、マッキー!! そんな技まで持ってたんだね!!

      近いうち、必ず、My Cry Babyをお願いします。
      かなり古いので、接点不良やらもあるし、音色にも昔から不満やし、去年、VOXの848クライドマッコイモデルを買ったけど、こいつも・・・・・

      よろしくです!!

    8. マッキー Says:

      はい、、大きなくくりでは回路屋なんで(^^;)
      (専門はデジタルなのでアナログはさわり程度ですが、)

      改造お受けします!。
      先ずは好みがあると思いますので一度自分のCryBabyを試されてみてください。
      今度持参します。

      あと恐縮ですが他の修理依頼品が溜まってしまってるので
      少しお時間頂けると助かります。(^^;)
      レコミックス作業にいっぱいでここしばらく放置でした。。
      (山本さんのハコ機材の総メンテも先に依頼されてますし、)

    Leave a Reply

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>