ビートルズを録った男の話

月曜日, 4月 21st, 2008 @ 13:49:41 | blog

今日は訳あって、昼頃出勤した。その途中、素晴らしいものを見た。

20年ほど前、僕は、松山町にあったパパズミュージックのスタジオに入り浸っていた。
勿論、レコーディングする為だ。レコーディングは長丁場。よく出前を取った。
その中でも、中華の○○は、頻繁に利用した。とにかく安い。当時、確かラーメンが250円くらい。
焼きそばやチャーハンも300円位だったと思う。味も、あっさりしていて美味かった。
そこの旦那さんであるじいちゃんが、運んできてくれた。
あくまでもじいちゃんである。決しておじさんではない。・・・・・・・

そのじいちゃんを見た。元気に歩いておかもちを運んでいた。・・・・・・一体、いくつなんだ??
いつまでもお元気で。・・・・・久々にいってみようかな。

本を何冊か買った。全て音楽関係の本だ。
その中の一冊。『ザ・ビートルズ・サウンド最後の真実』何ともいかめしいタイトルのついた本だ。
このテの本は、読んでみると、作者の思い入れが強過ぎたり、本物の現場を知らない事による、ミスやデマが多かったりする。
しかし、この本は違う。何といっても、本物のエンジニア、それもビートルズを実際に担当したエンジニア、ジェフ・エメリック本人が書いた本だ。しかし、さすがに生々しいし、よくぞここまで書けたな、というぐらい赤裸々だ。大半の関係者が亡くなった現在だからこそなせることかもしれない。

僕にとってビートルズは、それこそ音楽に興味を持たせてくれた張本人なわけで、エンジニアとしても言葉にならないほど影響を受けた音楽だ。その音を作った本人の本なのだ。分厚い本だったが、暇な時間全て費やして2日で読んだ。

長年不思議だった、あんな事やこんな事、あんな音やこんな音、その全てがここにある。

いやーたまらんね。ビートルズ好きは言うに及ばず、全ミュージシャン&エンジニアは必読の本だと思うね。

 

Recently

  • チューブマイクまとめ
  • チューブマイク祭り その2
  • チューブマイク祭り その1
  • レコーディング連発 その2
  • レコーディング連発 その1
  • お寺PAシステム
  • 久々・・・・
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive#2
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive
  • スタジオ・リニューアル#8
  •  

    One Response to “ビートルズを録った男の話”

    1. boxwave mini capacitive stylus Says:

      I am regular reader, how are you everybody? This piece of
      writing posted at this web site is really pleasant.

    Leave a Reply

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>