スタジオ・リニューアル#3

水曜日, 6月 5th, 2013 @ 20:25:49 | blog

fugen.jpg6月3日は、長崎県の島原半島にある普賢岳から火砕流が発生し、多くの方々が亡くなられた日だ。

原爆記念日(8月9日)、長崎大水害(7月23日)と共に、 僕ら長崎県人にとって忘れられない(忘れてはならない)日だ。

そんな3日、僕らは、眼前に普賢岳を望む地において行われた23回忌法要のPAを担当させて頂くことになり当地へ赴いた。

※島原仏教会の皆様ありがとうございました。

梅雨も既に始まっていたが、幸いなことに好天に恵まれた。場所は、火砕流及び、その後の土石流によって根こそぎ破壊された地域の、ほぼ真ん中、慰霊塔が建っているところだ。普段は、国によって管理され立ち入り禁止区域になっている。

写真は、正に眼前に迫る現在の普賢だ。あの日見た盛り上がった溶岩の固まりはそのまま冷え、すっかり緑に覆われていた。

法要の中で、当時、被災から復興まで、寝食を忘れて職務を全うされた姿が忘れられない、鐘ケ江元島原市長の82歳とは思えぬ力強い弔辞が印象的だった。合掌。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・

さて、前回の続きだ。

focal2.jpg今回は、Focal CMS65 & 40。おフランス製だ。

まず、本命の65を聴いてみた。(Max 112dB SPL、+-3dB 45〜28Kh)

一聴して思ったのは、柔らかいな〜という感じ。2〜5Kあたりが若干凹んだ感じ。故に、とても聴き易くはある。

ローは、サイズを越えたレンジを見せてくれる。スペアナでも31.5Hzを充分確認できる

で、やっぱり、直ぐにテンパる。ドラム入れるとすぐにピークが付く。クリップしまくり。

スペアナで見る。

意外に真っ直ぐ・・・・・。16Kから落ちてるくらい。

解像度は高い。これは好みだろうな〜。。。。。。

僕は、あまり好きではない。ハイミッドが大人しすぎるし(聴き易いけど、それが不安になる)ローミッドが膨らんでるし、何と言っても、うちにはパワー不足。

生ドラムをリミッター無しで充分な音量でモニターできる、という意味は、何もばかでかいモニターサウンドで気持ちよくなるためだけでは無い。

ロックバンドは、極論すれば、ドラムとベースとギター(エレキ)で、オケはほぼ成り立っている。

故に、この3つを正確にモニターできなければ、生のロックバンドを録ることは難しい。

もし、録りで失敗すれば、最後まで尾を引くのだ。

ベースは、キック同様、ローエンドの確認。ギターにおいては、ハイゲインサウンド時のハイミッドの倍音確認が特に重要になる。

この3つは、かなりの音圧にしないと問題点があぶり出され難いと僕は思っている。

故に、音圧にこだわるのだ。(10Mは、ローエンドが聞こえないだけで、他は大丈夫だった)

で、お次は、同じFocalのCMS40。65の弟分といったところか? (Max 97dB SPL、+-3dB 60〜28Kh)

僕は、40に、前回書いたように、セカンドモニターとしての役割を期待していた。

予定位置に置いて鳴らしてみた。。。。。。

結果・・・・・・とてもじゃないが、こいつもこの間隔では使えない。

なんせローが出まくり。上は奇麗なのだが、スペアナで見た通り、200から100くらいまでがガッツリ盛り上がっていて、間違えること必至。ローエンドは、80Hzで失速。

裏に、450Hzから-2db のシェルビングEQスイッチが付いているのだが、まったく間に合わない。

というより、聴いていて気持ちよくない。勿論、間隔を開ければ問題は少なくなると思う。

これは、マンションあたりの宅録のメインとしてはバッチリかもしれんね 。

結局、弊社のニュー・モニターは、まだ見つからない・・・・・・・

一応、弁護しておくが、これまで聴いたスピーカー、サウンドはすべて良かったことは間違いない。

あくまでも、うちのスタジオにはベストではないということなのだ。

次回は、唯一の日本製、YAMAHA MSP-7だ。

 

Recently

  • チューブマイクまとめ
  • チューブマイク祭り その2
  • チューブマイク祭り その1
  • レコーディング連発 その2
  • レコーディング連発 その1
  • お寺PAシステム
  • 久々・・・・
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive#2
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive
  • スタジオ・リニューアル#8
  •  

    Leave a Reply

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>