諸々

水曜日, 12月 15th, 2010 @ 18:26:46 | blog

ここんとこ忙しいっす・・・・疲れ気味っす・・・・

今年は、忘年会が幾つか有るが、その一つ、最も親しい連中とやるヤツの日程が決まってなかった。

僕の所為なんだけど・・・・予定日は、今週末、動き出したのが、先週末・・・・

あるはず無いね、1年で一番お店が埋まる日であろう12月18日土曜日を一週間前になんて。

めぼしい店すべてに振られ続けて、メッカの思案橋から沿線沿いに北上し続け・・・駅前・・・浜口・・・

そしてとうとう、ちんちん電車終点の赤迫まで来ちまった。

で、やっとの思いで決まったのでした・・・・所要時間約3時間・・・疲れたっす。

評判の良い店なので、味が楽しみっす!! うっし、ビール飲むぞっ!!

閑話休題。

uta_2010.jpg先週日曜、恒例の長崎大学音軽サークル『歌おう会』の定例ライブが、これまたおなじみのNCC&Studioで行われた。

彼らのPAを担当させてもらって、いったい何年になるのか・・・正確には思い出せない程、長い付き合いだ。今年の出演バンドも、そのほとんどと、既に、一度と言わず、二度三度と手合わせ済みなので、何の不安も無かった・・・・はずなのにだ・・・・

今年のNCC&Studioは正直苦しんだ。中々サウンドがきまらない。MC時に妙な具合にハウったりもするし・・・・・・・・・まだまだ修行が足りないねぇ・・・・

そんなこんなで、ライブも進み、途中、感動の4年生の引退式?  みたいなものもあったりしながら、いよいよトリ。

今年のトリは、サークル部長副部長が在籍する、The Critical State。(Photo1)

2ギターにドラム、ベース、ボーカルというシンプルなロックバンドだ。

この日の彼らは良かったね。曲も全曲オリジナルになったらしく、何曲か好きな曲があったな。

サウンドについても、なんか、がっしりとまとまってた。不思議な事に、彼らが一曲目を演奏し始めたとたんに、PAサウンドも、がっしりと決まった。

今までのはいったいなんだったんだー、叫びたいぐらいだけど、良く有る事なんだなー、これって。

パワフルなバンドが、がっしりまとまって演奏すれば、自ずとPAもまとまるのだ。

個別に言うと、まずドラムが良かったね。ガッチリと屋台骨支えている感じで。(Photo2 部長でもあーる)

それと、やはりこのバンドは、ボーカルが非常にパワフルなのが素晴らしいね。パワーありすぎて、音がどっか飛んじゃったりするのがタマにキズだけど。(Photo3)

持論だけど、ロックバンドのサウンドを良くする基本は、まず、うまくてパワフルなドラマーと、ボーカルが必要。この二人がパワフルなら、 PAのサウンドメイクは、実に楽になる。つまり、良くなる。

そしてリズム。正確なビートをドラムとベースががっしりかみ合いながらたたき出して、その上にギターが絡めば、自ずと、タイトかつグルーヴィーな素晴らしいサウンドになるのだ。

あっ、これはあくまでも、パワフルな、いわゆるロックバンドの場合ね。つまり、身体を揺るがす爆音を出したい場合の話しです。

勿論、対極にあるようなしっとりとしたアコースティックサウンドは、また違うものなのだが、 経験上、うまい人は、皆、どんなジャンル、パートに置いてもパワーがあったように思う、バカみたいな音量が有るという意味ではなく、音が立ってる?というか、抜けてくる?というか。。。。。。

このThe Critical Stateは、まだグルーヴィー! までは来てないけど、近いうちに気づいてくれれば伸びるだろうね。

それと、今年の卒バン(卒業生バンド)、僕が知ってる限り史上最高だったね。何か去年も同じような事書いたと思うけど、越えたと思うね。きっと、ちゃんと練習したんだろうね。

あっ、ここにも、さっきの法則がぴったり当てはまってる。ドラム(三苫君(去年の副部長)お疲れ様。就活がんばれよ)と、ボーカル陣が相当良かったからね。(Photo4)

最近の卒バンは、昔と違って(失敬)、ちゃーんと練習してんだろうね。感心感心。。。。

他のみんなも、がんばれよー!!

・・・・

とかなんとかかんとか、レコーディング諸々をこなしつつ、今年も暮れて行くのだぁ。。。。

 

Recently

  • チューブマイクまとめ
  • チューブマイク祭り その2
  • チューブマイク祭り その1
  • レコーディング連発 その2
  • レコーディング連発 その1
  • お寺PAシステム
  • 久々・・・・
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive#2
  • 活水女子大学ポピュラーコースLive
  • スタジオ・リニューアル#8
  •  

    2 Responses to “諸々”

    1. マッキー Says:

      ライブイベントPAおつかれさまでした!。
      コメントの話、なんとなくわかります。
      バンド内で個々がしっかりしてて出すべきところや棲み分けができててかつリズムがしっかりしてるとPAオペとしては大変ラクにまとまりますね。
      ゲインは普通に取れてるのにフェーダー上げても音が大きくなった気がしないバンドさんなどは最後まで忙しくEQやフェーダーを触りっぱなしになり、それでも結局出音に納得できないまま。。
      PA機材もセッティングも同じはずなのに。

      すごいニッチな領域のあるあるですね、(^^;)

    2. admin Says:

      はははは、ニッチねぇ、確かに。共感し合えるのは、近所で君だけだ。(爆)

      いつまでたっても音って難しい。。。。

      ただね、本文にも書いたけど、ミュージシャンが巧けりゃ万事OKの世界でもあるんだよね〜。

      あっ、そうそう、そういえば、今度いつ来られる? 今年中は無理かな? ツインを鳴らしたいんだけどね〜。。

    Leave a Reply

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>