Archive for 4月 21st, 2014

 

チューブマイク祭り その2

4月 21, 2014 in blog

またまた開いてしまった。

がんばって続きを記しとこう、自分の為に。

さて、前回試した、Neumann M-149、AKG C-12VR、Blue Bottle、Brauner VALVET、四本のうち、残したノイマンとブラウナー二本に、今回大注目のニューブランド、Pelusoの22 47SE & P-67の二本加えた四本で、更に検証を続けた。

Pelusoとは、2002年アメリカに設立された新しいマイクロフォンメーカー。詳細はサイトを見て頂くとして、簡単に機種説明。

22 47SEとは、型番から分かる人にはぴーんと来るように、ビンテージ名機ノイマン U47を手本としたチューブマイク。写真では、真ん中下のヤツ。売価、約25万円也。

U47とは、戦後間もない1946年に製造開始された伝説のチューブマイク。
クラシック録音は勿論のこと、40年代〜50年代のシナトラに代表されるジャズブームにおいても、続く60年代のビートルズの時代でも、それら録音現場殆どでU-47が使用された。というくらいの名機。

P-67とは、これまた型番のとおり、 Neumann U67をモデルとしたチューブマイク。
写真では、左の横向いてるヤツね。売価、約28万円也。

U67とは、型番が示す通り、名機U47の後継機種として1960年代に登場。瞬く間に世界中のスタジオに納入された。

67は、当時日の出の勢いだったロック録音に非常によくフィットし、ボーカルは勿論のこと、ドラム、ベース・ギターアンプ等々、何にでも素晴らしいパフォーマンス発揮した万能マイクとして有名。

ま、いずれもビンテージの超名機としても、現在においてさえ最高のスタジオマイクロフォンとして君臨している。

tube_vo_2.jpgとはいっても、残念ながら、僕は、この超名機のサウンドを知らない。見たことも無い。(涙)

※正確には知ってる、数々の名盤で。

例えば、数えきれない程聞いているビートルズのボーカル殆ど、今でも最も好きなボーカルサウンドの一つヘレン・メリルの 『When I Fall in Love』等はU47で録られていると思うし、70年代以降のロックボーカルの多く、そして日本でも山下達郎さんの多くのボーカルがU67で録られている。

田舎もんなんだからしゃーない、と開き直るしか無い程の高嶺の花。

で、そんな世界中の田舎もんの為に、Peluso様が、それに限りなく近いもんをリーズナブルに作っちゃやろうやないけ!

と、男気を出してくれたのかどうかは知らんが、作ってくださったのが、22 47SeとP-67だ。

ありがたや〜ありがたや〜。

オリジナルを知らないことは、別にこの際大した問題ではない。要は、僕がイメージするスンバらしいサウンドが出てくれれば良いのだ。

さてさて、やっとこ本題。

引き続き、ロックバンド『Box Note』のボーカル朱鷺君に協力してもらいながらテストした。

まずは22 47SE。

ほぉ〜・・・・とっても自然なサウンド。何の誇張感も無い。そして美しく暖かでスムーズなサウンド。

凄く好きな音。勿論、チューブらしいファットさやハイのチリチリ感も程よい。

ただ、あまりにナチュラルすぎて、速いテンポのロックサウンドの中では埋もれがち。

で、P-67にスイッチ。・・・・・・むむむむむむむ。

噂に聞くU67サウンドの特徴、ザラッとしながらも痛さの無いハイ、豊かでありながらブーミーにならないロー!!

そのまんまじゃん!! とりあえず朱鷺君にはバッチリハマったので、そのまま録音。

少しスローな2曲目は22 47SEで行くかなと思ったが、結局67で録った。

あれ、M-149もVALVETも忘れてる!!??

(後日録音した女性ロックバンドのボーカルでも、テストの結果P-67が最もフィットした)

という訳で、今回のロックバンドボーカル録音編では、Peluso P-67の独壇場だったわけだが、その後、僕自身による、約8時間に及ぶねちねちチェックの結果を次回報告しよう。

ではまた!!