Archive for 4月, 2013

 

3ヶ月ぶり・・・・

4月 03, 2013 in blog

3ヶ月ぶりっす。。。まぁ〜恐ろしくサボっちまったもんだが忙しかったんだから仕方ない。

今回の忙しさの理由の大半は、20周年を迎えた弊社スタジオのコントロールルームを進化させるべく七転八倒していたためだ。(まだ終わってないけど)

進化方向の第一は、何といってもモニター環境の改善。

new-studio_2013.jpgそれがレコーディングスタジオにとって、いの一番の優先事項なのは勿論分かってはいるが、中々理想と現実は一致しないもんだし、スタジオ開設した当時は、とりあえず、10Mがあれば何とかなる、という雰囲気があったし、事実、当初から10M以外のモニターを、色々探し試してみたものの見つからなかった、というが本当のところでもあった。

(と、ぐちぐち言い訳してみる。。。。)

その後も、ずーっと、おりあらばデモ機を取り寄せたがそれでも見つからず・・・・

しかし、ある日気付いた。考え方を根本から変えよう!! と。

まず、かくあるべき、というモニターサウンドを頭に描く。それを設置するための理想的な環境を妄想してみる・・・

チーン!! 答えが出るのに時間はかからなかった。

1. 周波数は、上から下まで満遍なくあること 。(特に、キックの基音がみえること)

2. できれば、10Mとあまりに隔たったサウンドではないこと。(慣れるのに時間がかかりすぎるからね)

3. 生ドラムの録りの際に、充分なパワーがある事。(これを満たしたニアフィールドが意外に無い)

4. スピーカーは、理想的な、高さ、間隔に設置できる事。

5. 3種類のモニターを設置でき、切り替えられる事。

以上5点なのだが、これを満たすモニターって・・・・あんのけ? しかも買える範囲内で・・・(宝くじ買うか?)

それに、理想の設置をするためには、かなり大掛かりな、コントロールルーム内機材の整理、ラック等の移動を実現しなければならない。。。。。できんのか?

いやっ!! 今回は、できんのか? は無しにする。絶対にやる!! に限定する。

ほんで、どうせやるのなら、モニターだけではもったいない、前々からの懸案である、マイクプリ、マスタリング用機材、ここらも一気にやっちまおう!! 更に!! ケーブル関係も一新したい!!

(トータルバランスがとれてないと意味ないからね)

がんばれ、俺!!

という事で始まった、今回の大改修あーんど、大試聴大会。

次号より、ちょこっとずつ紹介してゆこう!! お楽しみに!!

※PHOTOは、試聴した機材の一部。