Archive for 11月 28th, 2012

 

久々に趣味の話

11月 28, 2012 in blog

久々ついでに趣味の話。

僕の趣味は、大分前にも書いた事があるが、ギターとアンプだ。

ほぼ、仕事と絡み合ってはいるが、趣味でもある。

で、昔からずーっと気になっててやっと手に入れたギターと、最近知って、ふらっと買ってしまったアンプの話・・・・

先ずはギター。もはや、ギブソン、フェンダーと並ぶと言っても過言ではない大メジャーブランドに育ったPRS(ポール・リード・スミス)の、かつて代表機種の一つだったCustom22。

PRSの代表機種といえば勿論Custom24(24フレット仕様で、ヘヴィー・ロックからジャズ・フュージョン系まで、ジャンルを選ばず活躍)だろうが、僕は、既にディスコンなってしまったCustom22(22フレット仕様)がお気に入りで、いつか買うならこれだ!!と思っていた。

とは言ってもおいそれと手が出る金額等(定価50万円程度)ではなく(もう一ついえば、自分的にロックな感じの薄さに手が出難かったのも事実だった)、たまに楽器店で見かけるととりあえず試奏して憂さを晴らしていた。

しかし、その度に感じていたのは、どのメーカーにも無いバラツキの無さだった。

勿論、音色差はある。しかし、そのクオリティの高さというか、音色の確かさ、造りの良さ、プレイアビリティの良さ、は常に共通していて、その技術の高さにいつも感心しきりだった。

上を見ればきりがないが 、いつか30万円程度で良い出物があればな〜・・・・と思っていたら・・・

ds01697056_main_thumb.jpgとある暇な日、たま〜に見る(ホントにタマ、2.3ヶ月に一回見るか) ネットショップ・デジマートで見つけたのがこれ!!

一目で気に入った。しかも、30万円を大きく下回る価格!!(やっぱ、ある意味これが決め手かな〜)

どのみち新品は無いので中古買うしか無いのだが、さすがにギター本体をヤフオクで買う勇気はない。よって、せいぜい保証の付くネットショップかな〜とか思っていた矢先の事だった・・・・

これまで、弾かずにギターを買った事は無い。恐らく、ギブソン、フェンダーなら絶対に買わない。

しかし、PRSなら賭けてみる価値はある。

とはいっても金は無し。安いといってもン十万、おいそれとは売れない、と踏んで、めぼしいもん片っ端からヤフオクで売り飛ばし資金を作った。人間、やるときゃやるもんです。

幸い売れていなかったので、お店の担当者に二三質問した後、めでたく東京からはるばるやってきたのだった。

確認済みではあったけど、実際の色と上の写真の色はかなり違うね(むしろこっちが好き)。しかし、中古とは思えない美しさ。で、来るなり散々に弾き倒してみた感想は・・・・・

prs1.jpgとにかく弾き易い。吸い付くようなフレット感(やたらと弦高が低いのだが、チョーキングし難いとかは一切無い)、適切なゲインとボリューム与えれば、どのフレットでもフィードバックするほどの倍音の豊かさ、5ロータリーピックアップセレクターが生み出す豊かな音色。

艶やかで倍音豊かなリアや、極太且つクリアーなフロントの両ハムバッカーサウンドはいうに及ばず、シングルコイルサウンドも、ストラトとは違う魅力があって、とても気に入った。

極少ない不満点をあげるとするならば、ボディバランスが悪いのか、座って弾くとハイフレットが弾き難いことと、ストラト・アームが大好きな僕としては、角度が浅いPRSのそれは、少々使い難い・・・この二点ぐらいか・・・

まっ、これくらいしか無い。

さて、このスンバらしいPRSを一体、どんなブツで鳴らしてあげれば良いんでしょう?? そう思って再びデジマートを眺めていたらまたもや飛び込んでた逸材!! が、これ。

Bogner Alchemist(ボグナー・アルケミスト)

まっ、ボグナー も、業界的には知らぬ人等いない超有名ブランドなので説明は省くが、要は、マーシャル系ハイゲインアンプで、主にヘヴィー・ロック系ギタリストが好んで使うアンプ。そう理解して間違いはないだろう。

僕自身、かつて、このアルケミストなんぞより遥かにグレードの高いボグナーの機種を弾いた事はあったが、それほどハイゲインに興味がある方ではないので、そのスモーキーでクリーミィーなハイゲインサウンドには感心したものの、それほど好きなタイプでもなかった。それに、これもまた常識はずれの高額商品でもあるしね・・・・(50万超)

それが、去年だったか、行きつけの楽器屋さんに、このアルケミストのコンボ(SP×2)が置いてあった。

それがまぁ、二度見する程安い。実売8万円弱。

※安さの秘密は、USAハンドメイド製とは違い、ボグナー基本設計のLine6チャイナ工場製作という事と、発売当時全く売れず、それに業を煮やした当時の代理店コルグが、覚悟の投げ売りに出た、という事らしい。

images.jpegボグナーで8万切るぅ〜?!?!?!? 一体どんなサウンド出るん? 猜疑心いっぱいで期待無しで弾いてみた・・・・

シンプルにクリーンとハイゲイン2チャンネルなのだが、普通に良い。特にクリーン。普通のセッティングでもツインリバーブみたいなサウンド出るし、クランチというミニスイッチを入れて適度にゲインを調整すれば、ちょこっとマッチレスっぽいサウンドも出る!!(褒め過ぎ??)

このゲインを更に上げると、かなり気持ちのよいクランチトーンになる。シングルコイルにはバッチリな感じ。

とにかく、この価格帯では聞いた事無い弾力感のある豊かなローときらびやかなハイが出る。それに、40W/20W切り替えなのだが20でもビックリする程音がデカイ。

おまけに、リバーブ&ディレイが付いているのだが(恐らくここがLine6)、デジタルシュミレイションもので、こいつがまた中々使える。(ディレイは、デジタル/テープ/アナログの3タイプ及びタップつき。リバーブは、ホール/プレート/スプリングの3タイプがある)

そして、メインのドライブチャンネル。

まっ、いわゆるボグナーサウンドとは違うとは思うが、全然使える。いやーこの値段なら、良過ぎじゃねーくらいのもんだった。あーんど、非常にシンプルで使い易いフットスイッチまで付いている。

1959.jpgと、散々感心したのだが、僕が欲しいのはヘッドタイプだったので、とりあえず見送ってお店を出たのだった。

そのヘッドが出てる。しかも、ずっと安く。ゔーーーーーーまたしても物欲物欲。。。金策金策。。。。

(勿論、ヤフオクでは更に安く、もはやエフェクターに毛の生えた程度の値段で出たりする)

販売店も隣の県だし・・・・ということで思わず注文しちまった。

で、このセッティング。好きな人にゃタマランでしょー?! この図!!

マーシャルのスピーカーキャビの上に71年製1959、その上にアルケミスト。

まぁ、1959と比べるとね・・・まぁその・・・ちぃーっとばかり無理があるにしても、それなりに迫りますぜコイツ!!

つーか、越える部分もありますな、確実に・・・・ホントばい。

という訳で、今回は、僕のささやかな自慢と幸せの図でしたぁ〜。。。。。

おまけで、買う時に参考にしたアルケミストのデモ貼っておきまっす。

・・・・・

・・・・

・・・

・・