Archive for 10月, 2011

 

螢雪会

10月 28, 2011 in blog

keisetsukai.jpgとは、長崎市にある、活水女子大学学園祭の名称だ。10月28・29日の二日開催だ。

学校の歴史は古く、1879年(明治12年)創立というから132年前だが、螢雪会の歴史もまた古く、今年で何と127回を数える。

この女子大、地元では昔からお嬢様学校で名高く、普段は当然男子禁制、禁断の花園。。。。

そんな花園に、僕が(バンド仲間と共に)初めて足を踏み入れたのが、この螢雪会だった。この日だけは外部から男が自由に入れる日なのだ。・・・30ん年前のことだった。。。。。

きっと、思いっきり鼻の穴を膨らませて乗り込んだんだろうな〜・・・アホばっかりだったから。

それから時は流れ、まさか、この学校の先生になろうとは・・・・人生ってホントにオモロい・・・

そんなおっさんの思い出とは関係なく、本題は、今日28日の学祭のライブステージ。

ここに、僕の教え子達のバンドが登場するのだ。

先日、このブログでも紹介した女子大生バンドなのだが、めでたくバンド名も『RAMJET(ラムジェット)』と決まり、曲も一曲増やしての演奏だ。

思えば、このバンドを組んだのが4月の頭。

最初の目標は何か? という僕の問いに、彼女達が答えたのが『螢雪会』。つまり、このステージを目標に半年がんばってきたのだ。

10月1日のステージは、いわば前哨戦。今日がメインイベントなのだ。

・・・・・それなのに、朝からしとしとと雨・・・・・

が、晴れ男、俺様のお陰か、10時頃には上がった。

今回のPAさんも、よく知っているカンパニーで、オペレーターもまた、昔からの知り合い、梅木氏だったので、とても気持ちよく進行することができた。(ありがとうございます)

さて、肝心の演奏も中々良かった。前回よりも、確実にパワーアップ したんではないかな。

ただ、イージーミスも目立った。少し、慣れたんだね、危険危険・・・・

お客さんも結構多く、反応も良かったと思う。

※観ていただいたお客様、本当にありがとうございました。

ポピュラーコース最初の成果としては、まずまずの結果が出せたんではないだろうか。

すべては練習のお陰なので、今後は、人数が増えたときの、時間とメンバー割り振りが重要な課題になるだろう。

何はともあれ、RAMJETのみんな、ホントに良かったよ、まだまだ続くけどね 。

・・・・・・・・

ひとまず、お疲れさん。

諸々

10月 11, 2011 in blog

10月も、相変わらず忙しい。

まず3日。7月下旬から始まった某ミュージカル劇団様のCDアルバムレコーディングのミックス&マスタリングが、ようやくアップした。

残るは、デザインデータ完成を待ってプレス工場へ送るのみだ。

長きに渡ったこの仕事。本当に多くの勉強をさせていただきました。

最初の問い合わせから始まってからずっと僕との間を取り持っていただいたHさん(素晴らしいシンガーでもある)、素晴らしい歌唱を聴かせていただいた団員の皆様、 驚異的な聴覚でミックス作業をリードしていただいたYさんとMさん、そして、最終的な判断を、これまた、演出家ならではの俯瞰した視線(聴覚?)で、決して頂いた演出家のNさん。本当に皆さん素晴らしい方ばかりで、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

※許可を得ておりませんので、実名表記は控えさせていただきました。

機材的には、レコーディング時に、レコーダーはMacbook Pro(バックアップとしてマッキー24/96ハードディスクレコーダーをセットしたが、Macが一度もクラッシュしなかったため、何にも活躍しなかった)、マイクプリは、Avalon AD2022、737vt、Presonus26/26等を使用、マイクロフォンはノイマンU87Ai、AKG C414ULS、他・・・・

これらのセットを、ステーションワゴンに軽く積み込んで、深夜に現場に乗り込み、録音。
そしてミックスは、スタジオでいつものように・・・という感じだった。

この場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。(まだ、終了はしておりませんが)

・・・・・・・・・・・・

そして4、5日は、大学の講義、アンド5日は僕の誕生日でもある。この歳にもなると誕生日とかいってもさして嬉しくもないのであるが今年は違った。

oppai.jpg大学の教え子達がサプライズお祝いをやってくれたのだ。

授業が終わりかけたそのとき、突然ライトが消え(反射的に僕がライトを付け直したので、一度は台無しになりかけたのだが・・・・)、みんなの♪ハッピーバースデイトゥーユーが・・・・

そして、ドアが開き・・・・・おーーーっ!! 巨大なオッパイが・・・いやケーキだった・・・ちゃんと二個。

Hはあるな〜・・・いやIかな?・・・・

(何気に巨乳好きだと口走ったのを聞き逃さなかったらしい・・・・先生失格!!)

で、クラッカーとかくす玉とか何とか・・・いやー、こんなサプライズ・・・おっさん泣きそうじゃ。

なんとまぁ〜カワイイやつらなんでしょうか・・・

とても嬉しかったっす!! ありがとう、みんな!!

(平島さん、松尾(み)さん、中村さん、松尾(あ)さん、宮崎さん、川崎さん、村島さん、小川さん、執行さん、そして安川先生、ありがとうございました)

・・・・・・・・・・・・・・

111009_1235010001.jpgそして、翌6日から9日までの4日間は、県庁下の公園で、長崎青年協会主催によるおくんち広場のPA。

小規模ステージということで、当初はエレクトロボイスS300をダブルで行こうかなと考えていたところ、ちょうど良い具合に、JBLの新しいパワードスピーカーEON515を使用できるということで、メインにEON515、モニターにS300でセットしてみた。

この515、ウーハーが15インチ、つまり38cmある上、パワーアンプはトータル450Wでしかもアムクロン製。

かなり良かったね。パワーあるし(実際、一対向で、500〜700人をカバーした)、音良いし(野外とはいえ、ほぼノーEQ) 、しかも軽い(約15kg)。

ライバル社であるエレクトロボイスのパワード(12インチウーハー、トータル1000W)も使用しているが、それよりも良い印象だった。

機材的は何と言うことも無いが、新顔のワイヤレスマイクを今回新たに導入してみた。

line6.jpgあの、アンプシュミレイターで有名なLine6から出たXD-V70だ。

こいつ、意外とやります。そのブランド名と価格(実売50.000円程度)からは信じられないサウンド。

実際、購入に際しては、オーディオテクニカとAKGの同価格帯(というより、30.000円以上高い)の物と、徹底比較してから決めた。

理由は簡単。PA現場(特にS300使用時)で一番使用されるシュアーSM58と一番音質が近かったからだ。それと最安。

58より、ローは無いがハイは伸びてる感じ。ウリであるマイクシュミレイターは、僕的には使わない感じ・・・

で、肝心のイベントの中身、これは最高だった。

まずはなんといっても天気に恵まれたこと。野外イベントは、これです、やっぱ。

kunchi.jpgそして、主催者である青年協会のスタッフさん達がサイコーだったこと。
(文字通り、徹夜続きの準備だったことでしょう。)

おまけに、生のコッコデショも間近で見れたし(写真ありがとうね、塚原君)、伊藤君らの意外な才能も知れたし(みんな歌巧すぎ・・・つーか、歌い過ぎ?)。

皆さんのお陰で、とっても温かいイベントでした。本当にお疲れさまでした、そしてありがとうございましたでした伊藤君にトオル君!!

そして、数ある演目のなかで、やはり、オーラスを飾った 『古賀 涼』君のことを語らなくてならないだろう。

僕が彼を知ったのは、かれこれ12年程前・・・・・

オランダ村で行われたカウントダウンイベントだった。

その日、僕は夕方から高熱を発していて、本番中は意識朦朧だったのだが、それでも彼の印象は鮮明に覚えている。

非常に美しいメロディーと透明感のある歌声。これはただもんじゃ無いな、というのが第一印象だった。

しかし、それっきり縁はなく、彼がどこぞで歌い続けているということは何となく知ってはいたが姿を見ることは無かった。

ryo.jpgそして、9日。ぐーんと成長した彼の歌声に、すっかり感心してしまった。

あの日の透明感はそのままに、ぐっとパワフルに太くなった声、そして、グルーヴィーなギター。

(この日、相方ギターとして登場した大山君も、かなり古い知り合い(ほぼ30年前から)。彼のギターも、バワフルでグルーヴィーで良かったね。みんな成長していて嬉しい限りじゃ・・・すっかりおじいさんの心境)

知っている人は、何を今更だろうが、彼の声と作品は、必ず世に残さなければならないと思った。

そのときは、僕も何かの手伝いができれば嬉しいと思う。

・・・・・

このおくんちイベントの中日、8日、おくんち会場は、若きホープ中込君に任せて、僕はチトセピアホールにダンスマスターズの通し稽古で朝から晩まではまりっきりだった。

これは、まさに我が家のファミリービジネスで、ダンスマスターズ主宰を勤める奥方を中心に、今やすっかり成長し、今回から一部脚本演出まで手がけるようになった娘と共に作り上げるダンス公演だ。

chitop.jpg今年でなんと23回目を数え、毎年長崎市公会堂において昼夜二回公演、3500名の観客を動員するまでに成長した。

これもひとえに、長き渡って支え続けてくださっている生徒さん及びご家族の皆様のご支援の賜物です。

本当にありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

※PHOTOは、今回、初めて全面投入したMacbook Proによる音効システム一式。たったこれだけ!!

しかも、その場で、編集変更〜CDライティングまで、ささっとこなしてしまえる便利さ。チョーサイコー!!

さて、今日からしばらくは長崎在住の演歌歌手『マイク濱』さん(長崎のお寿司やさん、若竹寿司のCMソングでおなじみ)の楽曲アレンジ。

製作期間が短いので気合いいれてがんばらんば!!

初ライブ!!

10月 04, 2011 in blog

kwassui1.jpg

10月1日、僕が受け持つ、ポピュラー音楽コースの学生達が、ついに初ライブを行った。場所は、ココウォークと、ブリックホール玄関ホール前広場の特設野外ステージ。

長崎県音楽連盟主催の、長崎音楽祭の一環である、たのシックフェスティバルのステージだ。

僕自身、客でもなくスタッフでもなく出演者でもなく、単なる付き添いとして、こんな場所に来たのは始めてだ。でも、こんなのも中々楽しい。

ココウォークではアコースティック・デュオ、ブリックではロックバンドで演奏させていただいた。

天気も最高に気持ちよくて、絶好のライブ日和だった。

活水女子大学に昨年新設されたポピュラー音楽コースの講師になって早一年半。

当たり前だが一期生も二年生になり、二期生である一年生も入ってきて少しにぎやかになった。

ということで、今年から新たに受け持ったのがポピュラーアンサンブル 。早い話がバンドだ。

勿論、そのほとんどが初心者。しかも、僕との音楽的共通点など、ほぼゼロ。

そんな彼女たちであるが、今回のステージに向けて、夏休み返上で練習するほどの気合いを見せてくれ、そのかいあって、始めて半年にしては中々のサウンドになったと思う。

kwassui3.jpgまっ、先生が良いからね 。なんつって!!

ではなくて、練習は嘘をつかない。これがホント。

とうとう最後まで、曲名紹介すらできなかったほど緊張していたにもかかわらず、演奏は、ほぼ、練習どおりにできたからね。

当然、まだまだではあるけど、なんせ初ステージ。充分合格点をあげられる内容だったんじゃないかな。終演後、早速、とある団体様よりステージの出演オファーがあったのが、何よりの証拠だろう。

みんなよく頑張った!!

僕にとっては、みんなが楽しかった(ライブやって)、と言っていたのがなにより嬉しかった。

やっぱ、音楽は楽しくなくっちゃね。

呼んで頂いた長崎県音楽連盟の皆様、ステージでお世話になったオペレーターの田口君初めスタッフの皆様、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

さぁ、次は蛍雪会。一曲増やすぞ、速いの!!