Archive for 8月, 2011

 

Millennia HV-3C

8月 06, 2011 in blog

hv-3c.jpg前回に引き続き、マイクプリの試聴。

今回はこれ、Millennia HV-3C。

これもまた業界定番の名機。主にクラシック関係での評価が高いようだ。当然お高いです、これも。。。。

地方都市の悲しさは、中々こんな機材など買えないどころか聞くことすらできないとこ。

なので、チャンスさえあれば貪欲に試聴品を取り寄せるというのが僕の主義。

まずは自分の耳で知らなきゃ話にならんしね。

てなわけで早速試聴開始。

まずは、ノイマンU-87Aiで自分の声。

O2Rとの比較。 ・・・・むー・・正直に言って、大きな違い感じない。

勿論、細かく追い込めばいろんなものが出て来ると思うが、なんと言っても価格が違いすぎる(前回の2022と、ほぼ同価格)のだから、それは当然な訳で、僕が期待しているのは、一聴のもとに感じられる“差”というやつだ。

う〜ん・・・2022の時のような違いは感じませんな〜・・・

ただ、自分の声をヘッドホンでチェックしても、それほど当てになるものでもない。自分の声というのは、ヘッジホンからだけでなく生声も一緒になって自分の脳の中に響くからだ。

で、次はドラム。

やり方は前回と全く同じ。同じマイクを同じようにセッティングし、同じドラマーに叩いてもらい録音。

※またしてもサンキューね、長大のM君とN君。

すぐさま比較。

まずはAVALON AD2022との比較・・・・・・

う〜〜ん・・・・・その前に、マイクセッティングを変更。スネアのマイクが今回の方が若干遠い。1cmほど近づける。

・・・・・なーるほどーね・・・・

かっちりしたエッジを持つ2022に比べると、ごく普通。

普通と言っても、勿論ワイドレンジだしサウンドはホットでゴージャス。2022に比べると、より色付け無し、ということかな?

最後にSNチェック。

hv-3c2.jpg前回説明をはしょりすぎたが、これは、スタジオのヘッドホンにCD音源を送ってU87Aiで拾い、マイクアウトをパラってO2RとHV-3Cへ入力し、O2Rへ返してモニターするというもの。

そして、聞こえるCDサウンドが同じくらいの音量になるように両アイクプリのゲインを調整しながら、ぐんぐん上げる。

ほぼ、限界近くまで上げたところで、CDをストップし、それぞれのノイズだけを聞き比べる。

おおーっ!! 何とSNだけならO2Rの勝ち!!(ほんの少しね)

ただ、サウンド自体は、ヘッドホンから漏れる蚊の鳴くような音でさえはっきりとわかるほど、HV-3Cの方が良い。ワイドでゴージャス。。。。。

結果として・・・・・O2RやPresonusとは、当然次元の違うサウンドではあるけども・・・・・欲しいか?と言われると・・・そうでもないな〜。。。DI付いてないし・・・・

クラシックの仕事が増えるのであれば(神様、増えてください!!)・・・・考えるかな〜・・・・しかし、良いサウンドやった。

次のマイクプリは SSL XLogic Alpha VHD Preを予定している。ではでは!!