Archive for 6月 29th, 2011

 

新しいオモチャ  Zoom H-1

6月 29, 2011 in blog

img_1102.JPGこれは、いわゆるICレコーダー。

しかし、普通にある会議録音用のようなチープなレコーダーとは完全に一線を画する。

とにかく、小さい、軽い、安い、音良い・・・何拍子も揃っている。

わずか、 縦13cm、横4.4cm、重さ60gのちっぽけな躯体でステレオコンデンサマイクとWAV&MP3で録音できるレコーダーを内蔵。しかも、単三電池一本で10時間近く持つ。

これで実売9.000円を切る。

こいつは、確か昨年に発売されたんではなかったかな?

僕自身は、この上位機種、ZOOM H4nを使った事があって、その高機能にいたく感心しており、H1が発売された時も、すぐにも買いたいと思ったのだが・・・・・

いかんせん、我が社の外録は、レコーダーに、SONY TCD-D10 PROII 。マイクは、始めSONY C-38B×2、現在は、RODE NT-4とのコンビが、ずーーーーっと、20年近く鉄板だった。

なんせ、総額うん十万円の投資。しかもD10は結構な頻度で要修理になって、これがまたアホみたいに高い!!

だから、僕の中ではまだまだ原価消却できてない気がするんですな〜。。。

しかし、10年前までなら、ライブPAのライン録音やSE収録に大活躍したこのセットも、 ライブ録音はMDに代わり、最近では録音する事すら無くなり(かつてはこぞってライン録音を求めたバンド諸君も、近頃では、ビデオカメラで録ったもので充分満足のようだ・・・)、今では、年に二つ三つのSE収録の際に使うだけになってしまった・・・・もったいないね〜。

img_1108.JPGところが、去年から僕は大学でポピュラー音楽の講師もやっていて、録音が必要になった。

さすがに、もうD10&NT4コンビは持っていく気になれない。(でか過ぎてバッグに入らない)

そこで何度か、Macbook Pro+オーディオインターフェイス+ケーブルのセットを持ち込んだりしたのだが(これだとマルチ録音に対応できるし、バッグにはギリ入る)、授業にそこまでいらないし、やっぱ重い。

そこにH-1。重さで約50分の1、価格で・・・・おーっと、これまた50分の1(D10コンビ比。Macセット比だと20分の1)。

がしかし!! その音質は・・・・(勿論、マイクの差分は違いが出るとは思うが)WAVで録ったら・・・そんなに違わないと思う。。。(涙)

とにかく、簡単アンド音良い!!

リミッターは付いていないのだが、かなりピークランプが付いていてもそれほど酷くは歪まない。

勿論、録音レベルの調整も簡単。

img_1105.JPGまっ、何はともあれ、バイクでちょこっとそこまで!!という感じで行きたいので、ZOOM H-1を買っちまった訳だ。(PHOTO サウンドの決め手、ステレオマイク!!)

これだと、常に鞄の中に入れておいても全く苦にならないし、録音準備も手間入らずで即OKだ。

何度も言うが、大きさと価格からは考えられない音質なのだ。凄いねZOOM!!

しかも、USB(2.0Hi-Speed規格)で繋げば、MP3だったらそのままメールで送れたり、WAV(44k-16bit~96k-24bitまで対応)だったら、DAWに取り込んで加工したり、とにかくスムース。

録音時間も、WAV 44k16bitで、付属SDカード(micro2G)でさえ3時間は録れる。(MP3だと最高34時間弱)

SDカードは32Gまで対応しているので、録音時間もまったく心配いらない。

このH-1、音楽やってる人、必携じゃないかな!?

音楽だけじゃないね。映像やってる人も演劇やってる人も必携だね。

(ZOOMの回し者じゃないよ)

他社製でも凄いのが出ている。例えば、TASCAM DR-05とか。一回りでかいのと、電池が倍必要な点を除けば、価格は五分、機能はDR-05の方が上かも? 特にギタリストとかに良さげ。(ピッチ変化のないスピード調整とかリミッターとか付いている。)

ただ、肝心の音質はTASCAM DR-05を聞いてないので分からない。僕は、マイク方式(X-Y指向性=ZOOM、A-B無指向性=TASCOM)で、ZOOM H1をチョイスした。

・・・・・・・

僕が現役バンドマンだった頃、でっかいラジカセ持って練習スタジオに通っていたのを考えると、まさに隔世の感があるね。

素晴らしいもんだ!!