Archive for 10月 9th, 2010

 

今昔物語2

10月 09, 2010 in blog

ts3n01070001.jpgおくんちも最終日だというのに、朝から雨っぽい・・・

と思っていたら、午後からはすっかり晴れて暑いくらいになった。さすがに神様が付いている。

PHOTOは、中日の昨日、会社の近くで撮った銅座町の南蛮船 。豪華なもんです。

・・・・・・

今日のランチは、久々に鍛冶屋町の『平野』で、蕎麦を食った。

PHOTOは、その『昼御膳』というセット。

栗ご飯に、鶏のモツ煮、そして蕎麦。(冷たい蕎麦で、つゆにはマイタケなんかが入っている。)

栗ご飯が秋らしいね。。。。。

何もかもが美味いが、僕は、ここの葱の切り方が好きだ。長崎では中々見ない中太葱の根っこあたりを、極薄に刻んである。

長崎の定番は浅葱(あさつき)なのだが、蕎麦には細すぎると思う。本場関東では、太い白葱が普通だ。

ここは、その中間と言ったところか。

大将は東京で修行した人なので、当然あちら風なのだが、多分、少しこっちにあわせてアレンジしてあると思う。

ts3n01090001.jpg出汁も、関西(長崎は基本、関西風)と関東では全然違うし、醤油も全然違う。

僕は、蕎麦に限っては、関東風が好きだ。蕎麦には(特に冷たいヤツには)、こちらの少し甘いのよりも、関東のキリッとしたつゆの方が合うと思うんですな。

反対に、うどんは圧倒的に関西風が好きだ。

平野のつゆも、基本関東だが、きっとアレンジしてあるんじゃないかな? オープン当時は、おっ!?と思うくらい関東味だったのが、最近はそうでもない。(勿論美味いけど)

僕的には、ここの蕎麦が、長崎市内では一番だと思う。

・・・・・

さて、一昨日にお贈りした『本家とくらべてみよう』 。今日は、その第二弾。

スーパーフライの洋楽カバー集のオープニングを飾る曲『Fooled Around And Fell In Love=2-01-fooled-around-and-fell-in-love.mp3 』

典型的アメリカンロッカバラードといった感じの曲なのであるが、本家は、まさにアメリカ西部のオヤジと言った感じの、Elvin Bishop=エルビン・ビショップというおっさん率いる、Elvin Bisop Bandが1976年に発表した曲だ。

スーパーフライは、ブラスなんかバリッといれて、かなりロック色を強めた感じに仕上げてるね。好きだ。

では本家。

このバンド、当時のバンドマンには結構有名だったと思うのだが、一般的にはまったく無名だったと思う。僕自身は、20〜21才くらいの頃バンドで演っていた。聞いての通り、このボーカルも相当のハイトーン。かなり(唄っていて)きつかったのを良く覚えている。

はっきりしておかなきゃならないのは、エルビンおじさん、リーダー兼ソングライター兼ギタリスト兼ボーカリストなのであるが、残念ながらこの曲は唄っていない。

imgres.jpeg

で、実際に唄ったボーカル。名をミッキー・トーマスという。南部出身の元々ゴスペルシンガーだったらしい。PHOTO。

このバンドでは、一種のゲストボーカル兼コーラスのような立場だったような気がする。多分???

僕は、一時期この人にも結構ハマり、ソロアルバムを持っていたこともある(後に紛失)。ソロは、ガッツリR&B色の濃いサザンロックで、僕はすげぇー好きだった。(現在は勿論廃盤)

ところがこの人、音楽的こだわりは殆どなかったようで、この後、ジェファーソン・エアプレイン改めジェファーソン・スターシップに参加し、ハードロック・ボーカリストとしてそこそこヒットを飛ばし、さらに、アメリカン歌謡バンドとなって、大きな成功を収めるに至り、とうとう来日公演も果たしちゃったりもした。

当然、この頃には僕はすっかり興ざめしてしまって、まったく聴いてない。

しかし、こと歌のうまさにかけては相当に定評のある人で、いろんなコンピにも参加しているようで、いろんなところで名前を見かける。

現在も、バリバリの現役シンガーで、ハイトーンボーカリストとしては珍しく、今もまったく衰えることなく往年のハイトーンをガンガン聴かせてくれているようだ。

ただ、ロックシンガーというよりもムード歌謡曲を歌い上げるクラブシンガー・・という感じかな・・・

最後に、僕が、この人のボーカルで最も好きだった曲をUPしておこう。

やはりElvin Bishop Bandで、Fooled〜が入っていた『ストラッティン』の次に出た(多分)アルバム『ホームタウンボーイ=1976年発表』に入っていたアーシーなバラードなのだが、知ったのはFooledより前で、僕が19才の頃だった。Fooled〜より一層ソウルフルなボーカルが素晴らしい。

エルビンおじさんの、フェイザーとたっぷりリバーブのかかったスライドギターも泣かせる。。。

では、『Spend Some Time=spend-some-time.mp3

当時働いていたナイトクラブで、毎日のように歌っていた曲だ。懐かしいー!!

今これを、オリジナルキーで唄えるだろうか・・・・!?