Archive for 6月, 2010

 

死闘

6月 30, 2010 in blog

20100630-00000530-san-socc-view-000.jpgと呼ぶにふさわしい激闘だったと思う。

チーム全員の、文字通り、決死の覚悟がほとばしる120分間。

フルに戦った我が日本代表に、心からありがとうと言いたい。

素晴らしい戦いだった。結局、点は入らなかったが、一瞬たりとも目の離せない最高のゲームだった。

こんなに、心臓がバクバクしたのは、いつ以来? 記憶にないくらいだ・・・・

PKで負けたのは仕方ない。誰も責められない。

なんといっても、自力でつかみ取った世界のベスト16!! 胸を張ってご帰還ください。

しかし惜しかったな〜、松井のシュート!! あと10センチ、いや5センチ?

本田のシュートも惜しかった。あれが入っていれば、本田の次の契約は、さらに跳ね上がっただろうな。。。。

20100630-00000013-maip-socc-view-000.jpgちょっと残念だったのは、最後の玉田のプレイ。なんであそこでパス? なんで勝負しない? ・・・・

つくづくサッカーの神様は甘くない。高くて遠いベスト8の壁!!

しかし、次がはっきりと見えた敗北でもあったんじゃないだろうか。

(岡田監督は、これをもって勇退らしいので、次期監督は、本当に大変。だって、更に期待されてプレッシャーかかるからねぇ〜。。御愁傷様。)

日本サッカー、ひいては岡田監督が言っていた組織の力、とは、そのまま守備力と置き換えても良いと僕は思う。

それくらい、今回の日本は、これまでに比べて守備が安定していた。

20100630-00000104-jij_vanp-socc-view-000.jpgちょっと前までは、特に後半ラスト15分前くらいになると、相手のパワープレイに押し込まれて押し込まれて、力負けのあげく失点、というケースが実に多かった。

今回、それがなかった。実に安定した鉄壁の守りだったと思う。

特にキーパー川島!! 神懸かってたね。彼がスーパーセーブする度に、リズムが良くなって行った。そして中沢に闘莉王、長友、みんな!! 文字通り、命がけだったね。感動したバイ。

しかし同時に、やはり、攻撃には、組織の力は中々及ばないもんだとも思った。

様々なパターンでゴール前に襲いかかっても、最後に、ゴールマウスにボールをねじ込むには、ゴ20100630-00000515-san-socc-view-000.jpgールハンターの、論理を超越した能力に頼らざる得ないことが多い。

まっ、そんなこと言ってしまえば日本サッカーは成立しないけどね。。。

よって、日本の得点の多くは、セットプレイに頼らざるを得ない。

本田や遠藤に代表されるように、ボールを置いてのプレイ(セットプレイ)は、もはや日本は世界レベルに到達した。

しかし、動くボールを相手にした時の技術、と言う点に置いては、世界には、まだまだ及ばないとも思う。

それは、各人の基礎的なテクニックの差、といっても良いと思う。

昨日の試合を見ていても、トラップやドリブル、パスといった、基礎的な部分の精度が低い。

やはり、南米やヨーロッパレベルになるには、物心ついた頃から近所のガキ共と、そこらの空き地や通りでボールを追いかけ回す、という日常が 日本中に生まれない限り、難しいのだろうか?

20100630-00000102-jij_vanp-socc-view-000.jpgでもね、僕のように、釜本がメキシコオリンピック(1968年)で得点王になったのを見て、サッカーファンになった世代からすると、あれから、約40年で、よくぞここまで・・・・と感慨深いものがあるなぁ〜。

あの頃、ワールドカップなんて、宇宙の果てような話しだった。

(PHOTOは、頼りになるキャプテン、長谷部。)

・・・・・・・

それに、このチームには、何か特別の雰囲気があった。それが、各々から120%の力を引き出し、ここまで連れてきてくれたのだろう。

みんな終わったとき、悔しかった残念だった、と同時に、何か晴れやかな、爽やかな顔をしていたのが、とても印象的だった。

人間同士が一つになり燃え上がる姿は、何故こうも大きな感動を生むのか?

僕らにとっても、永遠のテーマだと思う。

(勿論、中村俊輔選手のように、直前まで中心選手だったのが、外された選手には忸怩たるものもあるだろう )

しかし、今でも不思議なのは、大会前、あんなに弱くて、雰囲気も悪かったのに、なぜ、こんなに変わったのか?  何があったんだろうね〜・・・・・

何はともあれ、サッカー日本代表の皆さん、これまでの素晴らしい日々、本当にありがとうございました。心から楽しませて頂きました。

そして、お疲れさまでした。十分に休養されて、次なる4年後に向かって、がんばって下さい。楽しみにしてまーす!!!!

魔法

6月 27, 2010 in blog

昨日は、結構などしゃ降りだった。

どしゃ降り、と言えば僕の脳裏には、自動的に1982年7月23日のあのどしゃ降りが浮かぶ。

そう、長崎大水害・・・・・

そしていつも、あの時に比べれば大したことねぇ〜な、なんて思ってしまう。

まっ、それぐらい凄かったからね、あの時の雨は。

デフォルメ抜きで5m先が見えなかった・・・・・

そんな日に、一日中スタジオ仕事。外仕事でなくて誠にラッキー。

内容は、現在製作中の楽曲のMIDIデータを、実際の音に置き換えて録音してしまおう、というもの。いわゆる、完成一歩前、といったところ。

昔、(30年近く前)、楽曲製作、といえば、曲が上がってアレンジしたら、知り合いのミュージシャンをかき集めて、楽器セットしてマイクセットして、わいわいがやがやと・・・

と、結構なイベントだった。

今はと言えば、クライアントと1〜2回打ち合わせしたら、後はひたすら一人でコンピューター相手にMIDIキーボードで打ち込んで、打ち込み終わったら、音入れして、ミックスダウンして・・・・最後まで、ほぼ一人で作る。

仕方ないと言えば仕方ない。それだけ、機械は高性能化し、それにつれ、仕事は合理化する。でもね、昔の方が、はるかに楽しかったのも事実だ。

元々、僕はバンドマンだ。バンドとは、結局は共同作業だ。

共同作業と言っても、みんな仲良く和気あいあいと、というようなものとは大違い、バンド・メンバー各々はひたすらにわがままだ(今のバンドには当てはまらないかも)。バンマス(バンドマスター=リーダー)など、ニックネーム程度の意味しかない。優秀なバンド程、その傾向は強くなる。

わがままをぶつけ合うことこそがロックだ、とでも思ってるヤツさえ多い。

しかし、それでも、こいつとなら、と、組むのがバンドなのだ。

・・・・・だからこそ、幾多の魔法が生まれてきたのかもしれんね。

つまり、人間同士の個性がぶつかり合い、化学反応を起こすことで現れる魔法だ。

あえてシナリオから外れることで、メンバー自身ですら予測し得ない新たな創造世界。

まっ、あくまで、僕の持論だけど。

ただし、そんな蜜月の奇跡は、滅多に起こらない。。。

何かと似てるね。。。。。。そう、今、世界中を熱狂させているもの。。。サッカーだ。

サッカーというスポーツも実に自由だ。ルールは実にシンプル、勿論、コンダクター(監督)もいる。当然シナリオだってある。

でもさ、フィールドに立っちまえば、粗方そんなもんは吹っ飛んじまう。

勿論、大枠は、頭に入っているさ。でも、ボール蹴っている時に、そんなもんは吹っ飛んでいる。

昔、ロベルト・バッジョ(かつてのイタリア代表のファンタジスタ)がこういったもんさ。『システム? 2-4-4とか? そんなもん、フィールド上に枠でもあるっていうのかい?』

しかしサッカーは一人では無理だ。どんなに上手いヤツでも、たとえ、メッシでも、ロナウドでも、たとえマラドーナでも、クライフでも、ペレでさえ、一人で勝つことは不可能だ。

これまでも、スーパースターに玉が集中しすぎて空回り、という光景を数多く見てきた。

つまり、サッカーは共同作業。一人のスーパースターだけでなく、計るに計れない、メンバーの組み合わせこそが魔法を生む。

バランス、といってもいいのだろうか?

今の、日本代表の快進撃こそが、それを証明しているように思うのだ。

ほんのちょっとしたことなんだろうな〜。。岡田監督にしたって、負けて負けて、もうどうしようもなくなって、ええーいままよ!! と、打った手が、たまたま大当たりだったりしてね!?(失礼過ぎ!!)

しかし、改めて思うのは、スポーツの素晴らしさだ。この試合中、正に、国が一つになった。

そして、本田が決めた瞬間、国中が歓喜し感動し、吠えまくり、涙さえ流す人もいたろう。

こんなことは、スポーツでしか起こらない。先の冬季オリンピックの真央ちゃんしかり、WBCの日本代表しかり、彼らの姿を見て、心が打ち震えなかった日本人等皆無だろう。

どんなに不況だとか、金がないとか、仕事がないとか、女に振られたとか、そんなもんすべてを、一瞬で吹っ飛ばして、幸せな気分にしてくれる。

これこそ、真の魔法?!

今、この国は、参議院選挙の真っ最中だ。誰が選ばれたとしても、彼らスポーツ選手の万分の一も、国民を幸せな気分にすること等できない。

奴らに、年間何千万も死に金使うくらいなら、もっと、スポーツ振興に金出したらどうやろう。

よっぽど価値のあるバイ。

さて、ここで、メンバー同士の魔法が、既に半世紀近く続いている、魔法のバンドから一曲。

The Rolling Stones 1971年 TV-Show『Brown Suger』

※唐突に復活、Vocalist VI 。問答無用のロック・ボーカリスト、ミック・ジャガー。

彼の前には、技術とか、声域とか、なんたらとか、何もかもが無力になる。

残念ながら、この映像は、本物のライブではないようだ。(カラオケで唄っている。)しかし、あえて、載せたくなる程の魅力を、この時のミックのボーカルは放っている。

何があった? 日本代表?!

6月 25, 2010 in blog

昨夜の試合、リアルタイムでは無理かな?  とも思っていた。ので、普通に午前一時前には就寝した。

ところが、きっちり4時に目が覚めた。それもパッチリと。

これは神の啓示だと思い、すぐさまテレビをON!!。そのわずか数分後、あの歴史的シーン。。。

これまでも、彼は、期待され続け、しかし、代表では中々結果を出せずにいた。

それが、カメルーン戦に続いてのあのゴール。あんな大舞台でのあのゴール。これまでのサッカー日本代表歴史上初といってもいい素晴らしいフリーキックだった。

20100625-00000010-maip-socc-view-0001.jpg30m超の無回転ボール。どんなキーパーも捕れない変化をするという。

なんという場面で、なんというゴール!!  ただの一点じゃない得点を本田のゴールはもたらした。

気持ちは伝染する。さらにわずか数分後の遠藤のスーパーゴール!!

誰もが本田が来る、と思ったその瞬間、遠藤の右足が振り抜かれた。

20100625-00000544-san-socc-view-000.jpgボールは、右からゴールポストをかすめて左に曲がりながらゴールネットに吸い込まれた。

よくよく考えれば、遠藤が最も得意とする形だ。

それだけチームは、落ち着いていたということだろう。

この二つのフリーキックは、未来永劫、日本のサッカー名シーンとして語り継がれることだろう。そして、子供達の憧れとして、目標にされることだろう。

20100625-00000009-maip-spo-view-000.jpg確かに一戦目はラッキーな部分も多かった。相手のミスにも、ニュー守護神・川島のスーパーセーブにも助けられた。

それでも、何より勝利の味は若者達に自信を与え、わずかの時間に大きく成長させたのだろうか?

それとも、元々、力があって、今まで隠していた? 4連敗は予定通り?

勿論、前者が真実だろう。

それでも、正直に、岡田監督の采配に脱帽だ。

先日の失礼かつ不明な発言に対して、ひとまず 、お詫びしなければなるまい。

20100625-00000011-maip-spo-view-000.jpg『すいませんでした!岡田監督!! 』

しかし、ぎりぎり本番寸前になってひねり出したプランが当たった、とも言える気もする。

本番前までは、中村俊輔の処遇に随分悩んでいた感じがするし、これまでの監督も含めて、松井や大久保タイプの選手の扱いも不適切だった気が、僕はしていた。

この二人、日本人には珍しく、とても自由な動きをする選手だし、どちらもテクニシャンで、ドリブルからシュートまで行ける選手だ。

それがともすれば、ミスが多くなったり、わがままに見えたり、 ・・・いわゆる、日本的サッカー観に合っていなかった、あるいは合っていないと評価されていたように思う。

それが、何故か、カメルーン戦から、全面的に二人がゲームを引っ張っていた。

これは当然のことながら、作戦変更があったはずだ。

この二人が中盤をかき回し、先頭には、もともとミッドフィルダーの本田をワントップのセンターフォワードとして置く。

ワントップ本田、というのもちょっとしたサプライズだったし、大当たりだったと思う。

本田は似合ってるし、フォワードしての怖さを持ってる。

これまでの岡崎ワントップにこだわり続けた岡田監督に何があったのか?

これまでの日本は、ゴール前までは行けても、そこからの展開がまるでできない、相手から見ればまるで怖さのないチームだった。

ところが、この松井&大久保は、ドリブルで切り裂くは、シュートを打つはで、油断も隙もない。

そしてフィジカルもメンタルも強くシュートも上手い本田がトップにいれば、相手には相当の恐怖だろう。

それだけじゃない。中盤の真ん中にはテクニシャン遠藤がゲームを冷静にコントロールし、さらにはドイツ・ブンデスリーガの長谷部がフォローする。

ディフェンスは、長友がスッポンのごとく相手エースを封じ、阿部が中盤の底を守り、闘莉王と中沢がまさに鉄壁となって跳ね返す。

皮肉なことに、負け続けたことで、理想のセンターラインが見えたんじゃないだろうか?

チームの背骨とも言えるセンターラインが安定しているチームは強い。

そう、日本代表は、まるで別チームになってワールドカップの 舞台に立ったのだ。

20100625-00000007-maip-spo-view-000.jpgそれと、とてもチームの雰囲気が良い。勝ってるから当たり前だとも思うが、それだけじゃない何かがあったような気もする。

三点目の、本田アシスト岡崎ゴールのシーンに象徴されるように・・・・

それも含めて、監督の功績だとしたら、・・・・・むむむむ・・岡ちゃんて・・・

今回のワールドカップ。本当に何が起こっても不思議じゃない。なんと、前回の優勝・準優勝チーム(イタリア、フランス)が揃って一回戦で姿を消した。優勝候補のスペインも今ひとつ。

勿論、常勝ブラジルや 天才メッシ率いるアルゼンチンは絶好調だけど、ここまで来たら、岡田監督の言う、『ベスト4』も、決して夢じゃない。

何はともあれ、おめでとー、ベスト16!!

(しかし、勝てば官軍じゃのー。がはははははははは)

がんばれーニッポン!! がんばれーニッポン!!

Mac Book Pro

6月 18, 2010 in blog

lanchi.jpgまたまたご無沙汰です!

まずは本日のランチ。久々に新地の“桃苑”。

リニューアルした重厚な中国風インテリアがゴージャスで、ランチ840円というのが、さらにありがたみを増した感じだ。

今日のは、牛肉とピーマンのトマトソース煮、椎茸とすり身のゴマだれ、冬瓜と豚バラの煮物、茄子と肉団子のスープ、麻婆豆腐、搾菜、ご飯、コーヒー。。。。。

これで840円は、やっぱ安いよね。勿論、美味いっす!!

さてさて、世の中は、管総理になっているは、ワールドカップは始まってるはで、確実に動いとる訳だ。

(しかしカメルーン戦は勝てて良かった。実際、カメルーンの状態は、聞いていた以上に悪かったから、ラッキーと言えばラッキーなのだが、運も実力のうち、と考えれば、岡ちゃんにあるのは、まさに、この“運”なのかも!?・・・にしてもマスコミってホントにトホホ・・・・しかし、昨日のアルゼンチンは圧巻! これが、世界トップとアジアとの差!!)

僕の日常も、確実に動いとる訳で、今夏、僕は僕自身にとって、人生最大の山に登る。

その為の準備の一環として、こんなものを買った。

mac-5.jpg【Apple Mac Book Pro】

前々から欲しくはあったが、今一必要性を感じなかったため、ずーっと見送ってきた。

しかし、実際、手に入れてみると、なんとまぁ良くできた“ツール”な訳で、誰も彼もが夢中になるのがよく分かる。

僕が買ったモデルは、いわゆる2009年MIDモデル、 というヤツで一つ古いタイプだ。

物知りのS君(弊社スタッフ)に相談の上、あえてのチョイスだ。

そのお陰で結構安く買えた。浮いた分で、元々付いている320GのHDを640Gに換装し、最新の専用カバーケースを購入した。

mac-1.jpg僕は、サウンドエンジニアでありながら、工具系の仕事はからっきしだ。

Macの裏をおそるおそる見ると、まるでけし粒のようなネジが埋まっている。

こんな繊細な工具系お仕事なんてできるんやろか?なんてビビったが、実際やってみると、実に簡単で、ほんの5分程度で、すべてが完了した。

まっ、それくらい良くできている、ということ。Macがね。

使った工具は、プラスの精密ドライバー一本と、星形トルクドライバーT-6のみ。

mac-3.jpgmac-4.jpgしかし、640G HDのちっこいこと。この世界は、容量は倍々ゲームのように跳ね上がり、容積は反比例して縮小化している。大したもんだ。。。。

で、取り外した320GのHDは、1000円そこそこのHDケースに収納、即、外付けHDに変身!!

さて、肝心の中身!!

まずは、持ってる限りのアプリをインストール。次に、事務用iMacの主立ったファイルをスコッと移動。たった今取り外した320GHDが大活躍したのは言うまでもない!!

なんといっても640G、余裕ありまくり!! Firefox等のフリーソフトもサクッとダウンロード&インストール!!

このMac Book Proは、近い将来、主にRecording用として使って行くつもりだ。

ので、 ついにわがエコーフィールドスタジオの心臓部も、6年ぶりに刷新することになった。

(ありがとーーーーS君!!)

スタジオの心臓部とは、昔だったら“卓”=Mixer+MTR(マルチトラックレコーダー)だったろう。現代で言えば、やはりそれは“DAW”だと言っていいだろう。(DAWとは、MTRであり、ミキサーであり、CDライターであり、エフェクターの固まりであり、楽器でもあるという、正にレコーディングに必要な殆どすべての機能が詰まっているソフトである。)

つまり、うちのDAWの中心は 、2004年のAnalog→Digital転換以来ずっと、MOTU Digital Performer Ver 4.12(他にも“LIVE”を保有。)だったわけだが、やっとそれが替わるのだ。ふぅ〜、やっとね。

詳細は、いつかまた紹介したいが、とにかくグレードアップすることは間違いない。

特に、バンドものには最強バイ!! 早くバンドものを録りたいね〜。

来れ!! バンド諸君!!

やっと・・・

6月 03, 2010 in blog

・・・・辞任した。・・・どうなるんだろうね、この国も。しかし、情けない・・・

・・・・初夏らしくなってきた。弊社の入っているビルは、港に近い。

ので、今日のランチは、出島ワーフにある『出島食堂』に行ってみた。

数日前、テレビで紹介されていたのがきっかけだ。なんでも野母崎直送の魚らしい。楽しみだ・・・

42000888_1387_1.jpg12時頃着いた。すでに行列。長崎では珍しい。僕の前に二組だけだったので、すぐに回ってくるだろうと思い待つことに。

ところが、待てど暮らせど一向に進まぬ。とにかく回らない。つーか回せない。しかも、結構な席数が予約で埋まっている。

おかしいだろ? ランチなのに目の前の客より予約優先だなんて。これで不味かったら二度とこねぇーぞー、と思いながら待つ事約20分。やっと席に座れた。

頼んだのは、今日のランチ。中身は、かます丸々一尾の唐揚げ、ほうれん草のおひたし、肉じゃが、野菜サラダ、香の物、ごはん、みそ汁、これだけで、なんと680円。

あまりに腹が減りすぎていたのでPHOTOは取り忘れた。 代わりによそ様からちょっくら拝借。

はっきり言って美味かった。さすが野母崎直送だけあって、かますは新鮮で美味かったし、他の一品一品も、いわゆる長崎の家庭の味、という感じで美味かった。

天気も最高で、さっきまでの不機嫌もあっという間に消し飛んだ。ゲンキンなもんだ。

・・・・・・

1d9283a1192ace28.jpgそういえば、もうすぐワールドカップが始まる。知ってる人は知ってるが、僕は相当なサッカー好きだ。

しかし、今回、さすがに燃えるものが少ない。ここんとこの戦いぶりをみたらね・・・

しかし、なんで岡ちゃんなんだろう?

この期に及んでなんだが何故だろう? よっぽど、上の連中に使い勝手が良いのかね岡ちゃんは。

ベスト4を取る、なんて、威勢の良い事を言うのは勝手だが、はったりにもなってないのが悲しい。

日本は勝つ気がねーのかな? 何か覇気が感じられないのは僕だけか?

はっきりいって、このまま日本人監督でやって行っても、未来永劫、ゴールエリア周辺で勝負のできるサッカーはできないだろう。

何故って当たり前だろう? 世界レベルを前にして、点の取れるサッカーを体験した日本人監督等皆無だからだ。

監督にだって才能が必要なんだ。いくら勉強したって、勝てないヤツは勝てない。

勿論、岡ちゃんは、いわゆるリリーフだともいえる。前回もそうだったし、今回もそうだ。

その点ではお気の毒とも言える。次回は、きっと外国から招聘するのかもしれない。

しかし、僕が言っているのはあくまでも将来、日本人監督で勝つ為に!!という話しなのだ。

選手がやっと数人、世界各国に出て行ってがんばっている中で、指導者で世界の最前線を経験したヤツはいるのか?

ここ、とても問題な気がする。将来、日本人監督ででも、世界で勝ちたいなら必須だと思う。

何でもかんでも、本場から、中央から、と卑下するのが日本人の悪癖だとは思うが、残念ながら日本は、サッカー後進国と言わざるを得ないし、未だサッカー文化が根付いたとは到底言えない。

芸術と違って、スポーツは勝ち負けがはっきりしているし、子供達はいつだって強いものに憧れる。

ので、勝って強くなるには、勝てる人を!! 当たり前の発想だと思うんだけどね。。。