Archive for 12月, 2009

 

諸々・・そしてJIN-仁最終回

12月 21, 2009 in blog

utaoukai09-1.jpg昨日はライブの仕事だった。

恒例の長崎大学軽音サークル『歌おう会』の定期演奏会。

名前から、お硬いクラシック系のように聞こえるがさに非ず。バギバキのロックサークルだ。

去年の今頃にもこのブログに書いたと思う。

場所も同じくNCC&スタジオという民放TV局内にある中型ホールだ。

ここは比較的にデッドなので音作りは難しくはないのだが、お客さんが入るとまったく変わってしまう。

勿論良い方にだ。ぐっと吸音されるため、さらにデッドになってサウンドがクリアーになりハウリングマージンも3dbはアップする。

このライブでは、卒業生がバンドを組んで披露するのが習わしなのだが、これまで聞いた中では、質量ともに最高の出来だったと思う。

正規の出演バンドはというと、ボーカルに良いのが目立ったが、演奏は、う〜ん・・という感じ。特にギタリストにはがんばって欲しいです。。。後はオリジナルやね〜・・・

しかし、良いもんです、青春て・・・・・ ウルウル(遠い目のオヤribon_mic.jpgジ)

・・・・・・・・

左から、シュアーのKSM353、シュアーの??、ノイマンU87Ai。シュアーの二本はリボンマイクだ。

難しい話はすっ飛ばします。めんどくさいので。

特徴は、とにかくナチュラルサウンド (耳で聞いたままの音に最も近い)、ゲインが低い、価格が高い、取り扱い注意(造りが繊細なため)・・・・

こんなとこか・・・

特に、強いアタックをそれらしく自然に捉える能力が高いため、三味線等にはもってこいのマイクだ。

僕が試した中では、エレキギター等も、とても自然に録れる。

昔、マイケルの(もちろんジャクソンね)レコーディング時に(何の曲だったか失念)ガラスが割れる音を収音するためにリボンマイクを使った・・・なんつー記事を読んだ記憶がある。

つまり、ここでも強烈なハイ成分を和らげ、歪まないようにして録音することができるという、その特徴が生かされている。

で、今回は、(株)ヒビノさんのご厚意により、シュアーの二機種を取り寄せてみた。

PHOTOは、月琴のレコーディングに使用した時のもの。

サウンドはとてもナチュラルで好感触だったのだが、なんせ月琴は恐ろしく音が小さい。

リボンマイクの低感度と相まって、とてつもなくマイクのゲインを上げなければならなくなり、当然、SNは悪くなり、結果として、ノイマンU87Aiに軍配は上がったのだった。

その後も、様々なものにお試し中だ。やっぱ声関係には良いね。自然で・・・・

ただ、やはりハードなオケには合わないね、ソフトすぎて・・・・

僕的には好きな音だ・・・・一本は欲しいとこですな。。。。。。

・・・・・・・

jin-1.jpgさて、昨日と言えば日曜。日曜と言えばTBS。TBSといえば『日曜劇場』。日曜劇場といえば、『JIN-仁』というぐらいのハマりようなのだ、ワシ。。。

それも昨日は最終回。野風の乳がんはどうなるのか? さきはあのまま結婚してしまうのか? そもそも何故、仁はタイムスリップしたのか? あのケガ人は誰なのか? あの胎児型腫瘍の正体は?

そんな疑問のすべてを氷解してくれるはずの最終回・・・・のはずだった。

僕はその時間、ちょうど仕事が終わった頃。家へ着くと9時を10分ほど過ぎていた。

勿論、ハードディスクに録画中だ。慌てることなどない。

10時頃、始めから観た。・・・・・・

1時間20分後・・・終了・・・・・えっ?・・終わり?・・・これで?・・・・ウソやろ?・・・

・・ははーん、こりゃ確実に続編ありきじゃね。そうとしか考えられん。

見た人は分かるが、殆どすべての謎はそのままにしたまま終わっちまってはなはだ消化不良というか、イク寸前にほったらかしにされて相手に出て行かれたような ・・・・

そんな観後感・・・

しかしそれでも、今回の本編も素晴らしかった。

特に、二人の素晴らしい女性。。。。。僕はどちらかというと野風かな?

さきさんの真っ直ぐすぎる一途さも可憐なのだが、野風の、相手のことを考えて、つい一歩引いてしまう大人の女の優しさに、ぐっとくるのだ。。。

雪の別れのシーン・・中谷美紀、一世一代の名演技。・・泣くね、あの女っぷりに、潔さに・・・

そして龍馬。史上最高の呼び声もある、新しい龍馬像。最高でした。30年来のファンである僕も納得の新キャラクターだった。巧いな〜、聖さん。

なんといっても、南方 仁=大沢たかお。

彼の何となく透明感のある、それでいて骨太な存在感が、南方先生にぴったりでした。

ファンでよかった、ありがとう!!

とにかく、このドラマは、出てくる人出てくる人、ほとんどが素晴らしい人ばっかりで・・・

役者冥利に尽きる作品だったろうな〜・・・・

必ずあるであろう続編、そして映画・・・・期待しましょう、待ちましょう。

ビバ!!『JIN-仁』

トルコライス

12月 15, 2009 in blog

いやーしかし驚いたな〜昨日は。

土曜日(12日)のティンパンアレイでのライブ仕事は、かの高名なるドラマー、村上ポンタさん率いる『ポンタBOX』だったという話を前回した。

で、一昨日(日曜)の晩、レコーディング中に電話が入った。とると『村上ポンタ事務所のものですが・・』

げっ! 何かライブの時に不始末したかな〜、とか、一瞬いやーな予感がした次の瞬間、電話の主がこう言った『今、あなたのブログを拝見しているのですが・・・』ひぇーーーーーっなんつーーことをーーーー、冷や汗タラタラ流しながら聞いていると、どうもヤバい話ではない。

ブログに載せた写真を譲ってくれないか、という話だった。

もーほっとして『わっかりました、すぐに添付して送りまっす』と即答し、すぐさまメールで送った。

いやはや、まさか、アップした翌日に事務所の方に見られるとは夢にも思わない訳で・・

もー驚くやら恐縮するやら恥ずかしいやらで。。。。。

無断で写真を撮ったこともブログに載せたことも不問にして頂き(すいませんポンタさん)、本当に大きな心で対応して頂きありがとうございました。Wさん(事務所の方)、今後ともよろしくお願い致します。

・・・・・・・・

というようなことがあったのでございます。怖いでございますね〜・・・ネットって。

意外といろんなところでいろんな人に読んで頂いているようで・・・・・・

だとしても、これからも、これまで同様できるだけ自然体でやってゆこうと思っておりますので、皆様、今後ともよろしくお願い致します。

ts3n00440001.jpg※ PHOTOは今日の昼食、新地にある喫茶店『メルシー』のトルコライス。僕が、今の長崎で最も好きなトルコライスだ。

すっかり長崎名物の座に定着した感のあるトルコライスではあるが、正直、大して美味くない店が多すぎる。(と、俺思う。同じ名物でもチャンポンは平均して美味いんだけどね・・・)

で、最もみんながこれだと思うトルコライスとはいったいどこのヤツだ? と、仲間内で協議した結果、僕も含めて、『それは昔の玉屋のレストランのやつやろう』となった。決して『○○ちゃん』ではない。

で、僕が思う昔の玉屋の味に近いのが、この『メルシー』なのだ。

(現在の玉屋のトルコライスは店の存続も含めて未確認。どなたか知っていたら教えてくだせーな)

あっさりパラパラのフライライスに柔らかいローストンカツにコッテリケチャップのナポリタン、というこれ以上無い正統派だ。トンカツのソースはデミグラスではなく、醤油を隠し味に使ったオリジナルなもの。

これほどのメタボメシも無いとは思うが、やっぱり美味っ!!

ポンタBOX

12月 13, 2009 in blog

ただ今、23時41分。ライブハウス・ティンパンアレイでの仕事を終えて事務所へ帰ってきたところだ。

img_0771.jpg今夜のゲストは、あの、ポンタさん率いる『ポンタBox』だ。

ポンタさんとは、ミュージシャンだったら誰でも知ってる日本を代表するトップドラマー『村上“ポンタ”秀一』 さん。

そのキャリアは、1972年、フォーク・グループ“赤い鳥”から始まり、以降、渡辺貞夫、山下洋輔、坂本龍一、井上陽水、山下達郎、松任谷由実、矢沢永吉、沢田研二、泉谷しげるetc・・・・・・

挙げれば枚挙にいとまは無いほど。

参加レコーディング総数は、ゆうに14.000曲を越える。

で、今夜は、ポンタさんのドラムと、ベース、キーボードのトリオ編成だ。

そんな超大御所を迎え、さすがに緊張する。

しかも今日は、その直前まで店には二次会のパーティが入っており、チューニングする時間が無い。

つまり、大御所とぶっつけ同然でリハに突入しなければならないのだ。ひぇーーーっ!!!

そのため僕は、パーティ中の店に入り、ハウスバンドの演奏を利用して、メインだけはきっちり追い込んだ。

なーに、相手は超一流だ。黙っていてもすんばらしい音が向こうからやってくる。

こちらは、そいつを丸ごと受け止めれば良いだけの話だ。

とはいっても、今日のセット(曲目)も知らないし、 どんな行動に出てくるか(ポンタさんが)まったく予想がつかない。

やがてパーティは終了。店は一気にライブ体制に突入する。

僕も楽器セッティングを手伝う。そのうち、ポンタさん登場。スンゲェーおしゃれなおっさんだ。

でも・・・ものすごく痩せてらっしゃる。そう言えば、病気をされたと聞いたことがある。

しかし、ポンタさん、一向にドラムセットに座らない。ひとしきり取り巻きのおっさんたちとしゃべった後、やおら葉巻をくゆらせながらドラムへ向かった。

僕も、ステージへダッシュした。

img_0769.jpg店のドラマーと一緒にドラムセットの微調整をし、やがて座ってスティックでたたき出した。(PHOTOの許可は取ってないですが、許してくだせい。)

僕は直感で、『もう始まる』と感じ、ミキサールームに走った。

次の瞬間、何の前ぶれも無く、いきなりリハーサルは始まった。

僕も、猛スピードでフェーダーを操作し、EQを回す。

始まってすぐに分かったのは、『JAZZ』だってこと。ポンタさんの音楽性はものすごく広い。今日のは完全にJAZZだ。

それが分かったので、猛スピードでJAZZなサウンドにしてゆく。

つまり、どんどんフラットにしてゆくのだ。

3分もやっただろうか。演奏は唐突に終わった。見ると、ポンタさん既にドラムから離れている。

僕は思わず駆け寄り、自己紹介しながら聞いた。『リハは終わりでしょうか?』

ポンタさん、極当たり前のように『うん、終わりだよ』・・・・思わずずっこけた。

『何か・・・問題は?』『ばっちり、何も無いよ。』ほっとした。ポンタさん続けて、『あっ、キーボードのモニターちょっと下げてー・・・俺のギャラ上げといて(ニヤリ)』僕思わず『オッケーっす』

大御所様はお茶目だ。一発で好きになってしまった。

本番は2ステージ。どちらも素晴らしかった。特に、エンジンのかかった2回目の方が良かったように思う。

ポンタさんのドラムが素晴らしいのは当たり前だが、ベースの方もキーボードの若い兄ちゃんもすごかったなー。殊にキーボードの人は若い(多分20代)にもかかわらず、そのプレイは、70年代のマックス・ミドルトンやチック・コリアを彷彿させるプレイが随所に聞かれ、とても良かった。

それとトークがオモロい。いくつになっても尖ってるとこが好きだ。

しかし、一つ残念だったのは、途中で入ってきたおばさんグループのマナーの悪さ。

演奏中もトーク中も一切構わず大声でしゃべっていた。バンドの方達にも聞こえていたはずだ。

音楽を理解しろとはいわないが、ちったー空気を読めよな、おばちゃんよー!

・・・・・

さて、明日は、先日から続くT浪氏のレコーディングだ。

ヒビノからリボンマイクが届いたので早速使ってみるべ、楽しみ楽しみ。。。。。

島原

12月 11, 2009 in blog

今日は仕事で島原へ行ってきた。しかし、今日は暑い。12月半ばとはとても思えない陽気だ。

で、何用かと言うと、とあるお寺さんのPAメンテナンスなのだ。お供に、○島君。

去年の夏に来た時には何ともなかったんだけど、今年になってアンプが壊れたようだ。

こいつは二度目。ヤマハの割には壊れやすい。珍しいね・・・・

いつかのブログでも紹介したことがあるが、このお寺さんにもかなりの設備を投入してある。

(うっかりPHOTOを撮り忘れた)

卓にヤマハのO1V Ver2、メインスピーカーにJBLのMP415、モニターにSX300、etc・・・・

仕事は30分ほどでサクッと終了。

小一時間ほど、住職さんに含蓄のあるお話を聞かせて頂き&美味しいコーヒーを頂き、お寺を後にした。

ここのご住職もそうだが、僕が知るお寺さんのお坊さんはみんな素晴らしく優しい人ばかりだ。厳しい修行の成果なのか、何世代にもわたるDNAのなせる技なのか?

さて、そうこうしていると既に昼過ぎだ。

というか、そうなるように計算してやってきたのだ。

ts3n00420001.jpgそれは、昼ご飯を島原で食べるためだ。目当てはいつものように、姫松屋の『具雑煮』だ。

僕は、島原に来た時はこいつを食べると決めている。

いわれがあって、江戸時代の初め、あの、島原の乱の折、キリシタン軍が、苦しい篭城中に食べたものが起源、らしいが、真偽の程はどうでも良い。

何といっても美味いのだ。特に出汁が最高だ。 詳しいことは分からんが、あっさりしていてほんのり甘い、長崎らしい味だ。具雑煮、というだけに具沢山。

牛蒡、かまぼこ、竹輪、高野豆腐、白菜、大根、春菊、薄焼き卵、鶏肉、椎茸、鰻、そして餅。

ざっと思い出しただけでこれだけ入ってる。

○島君は、初体験らしいが、とても気に入ってくれたようだ。良かった良かった。

こいつだけでは腹一杯にならないので、いなり寿司もつまんでランチ終了。。。

一路、海岸沿いを通って長崎へ帰った。

お疲れモード

12月 07, 2009 in blog

いろいろネタはあるのだが(ダンマス発表会の様子とか、ゲスト出演した岩○氏のこととか・・・)

PHOTOが揃ってからまとめてアップしよう。

そうそう、以前紹介したTVドラマ『JIN-仁』がすごいことになってる。

毎週HDRにしっかり録画しているのだが、裏のNHKで『坂の上の雲』が始まってしまって、これも見たいしで、誰か録画してたら後でダビングしてくだせーな。。。

しかし、JINはオモロい!! 毎週素晴らしいが昨日のは花魁・野風にスポットが当たっていた。

あ〜、何と良い女っぷりなんやろ、野風もサキも・・・

凛として、しかも賢い・・・(現代では絶滅危惧種になっちまったねぇ〜・・・あっ、男もか!)

漫画と分かっていても入り込むねぇ〜・・・

ところで、昨日といえば、元P-5のT浪氏の帰郷第一作?のレコーディング製作も始まった。

長崎に古くから伝わる明清楽を掘り起こそう、そして、それをCDにして長崎名物にしちまおう計画!!なのだ!! ちょうど今は、猫も杓子も龍馬、てな感じなので、上手くリンクしたいね的な話で盛り上がった。

なんつっても、奥さんのお龍が習ってた音楽だからね。

shitake.jpg楽器は、10月のくんち編でも紹介した『月琴』。奏者は本物の長崎検番の地方の琴音さん。

話してみると同じ高校の後輩だった。狭!!

この作品も、今年中に仕上がる予定なので、順次アップしまーっす!!

そんなこんなで年末も何かと忙しく、忘年会をやるのも難しい・・・・

昔、といっても3〜4年前までは、この時期、我が家は、毎年と言っていいほど雲仙に行っていた。

僕は、雲仙が大好きだ。特にオフシーズンの人が少ない雲仙。

何しろ近いし、ホテルもがら空で(僕らがよく行ったA園は、料理も最高、内装も落ち着いてて素晴らしかったな〜)、温泉もほぼ独り占めisu.jpgだ。・・・それが、娘が大学生になって家を出た頃から行かなくなった。・・・・またいつか必ず行こう・・・

という訳で、さすがに疲れがたまっている。

ので! 今日の昼飯、いつもの永楽苑で『椎茸肉ソバ』を食った後、

※これは、以前紹介した『広東麺』の兄弟みたいなヤツで、広東麺にキクラゲではなく肉厚の椎茸が3〜4枚ドーンと入っている逸品だ。まさにこの店にしかないもので、看板メニューだ。客の半分は注文していると思う。やっぱ、うんまっ・・・・

近所の夢彩都内にある某電気店へ行き、マッサージ機でくつろいでみた。

いやー、いつもは見かけるたび、『気持ちよさそー』と、横目でちらっとみるだけだったが、実際体験してみると、スンゲェーねこいつ!

まるで本物のマッサージさんに揉んでもらっているようで思わず寝ちまいそうになった。

値段を見て、スカッと覚めたけどね。(売価で298.000円)

さぁー、もういっちょがんばるべ!

MorrisonとDianeにはずれ無し

12月 03, 2009 in blog

最近、さぼりがちですんまそん! 今年の最大イベント月間も無事乗り切り、気がつきゃ年末だ。

前回でも触れたように、忙しい最中でも、ちょっとした時間さえ惜しんで取り組んだお陰で、何とかDVD編集もトールケースデザインも形になった。近いうちに身近な人にはお披露目できると思う。お楽しみに!

ところで、今回は最近気に入っているアーティスト二組を紹介しよう。

一人は男性で、ジェイムス・モリソン、もう一人は女性でダイアン・バーチ。それぞれイギリス人とアメリカ人のシンガーソングライターだ。

21h48nfkk9l_sl160_aa115_.jpg41888q8gqsl_sl160_aa115_.jpg

サウンドも、実にブリティッシュとアメリカンの作法に忠実なので是非聞いてほしい。

・・・・

・・・・・

・・・・・・

まずはジェームス『Call The Police』


素晴らしいハスキーボイスと曲だと思う。本国では既にジョー・コッカーの再来の呼び声もあるらしいが、なんと25才?らしい。
恐ろしいね。
次にダイアンの『Fools』


初めて聞いたとき、思わずカーリー・サイモン? と思ったほど当時の空気感を感じる作風と声だ。そのキュートなルックスに似合わない芯の強そうな声。惚れちまうな〜。。。。二人のPVを埋め込むためにYou Tubeを検索しているうちにこんなもんを発見。『With a little help from my friendその1』『With a little help from my friendその2』



才能と才能は呼び合うんだろうな〜・・・・素晴らしい。この曲、作曲はビートルズで、それをジミー・ペイジがアレンジし、ジョー・コッカーが歌ったバージョンのカバー。さすが、お分かりになってらっしゃる!!少し音は悪いけどね。しかし、観客の盛り上がりは尋常じゃない。これぞライブ!※タイトルは、ご存知の通り、モリソン性とダイアンという名前には素晴らしいシンガーが多いという意味。