Archive for 10月 8th, 2009

 

今日の出来事

10月 08, 2009 in blog

台風一過の青空だ。とは言っても長崎は、小雨と強風ぐらいですんだ。

中部東北の方々、大事無いと良いが。

ramen.jpgさて、今日のランチは初めての店だ。法務局下の通りにある、中華風居酒屋『ビストロ竹』。

たまたま通りがかって入ってみた。

ここらは昔、下町と言って、親戚が下駄屋を営んでいたので良く知ってる場所だ。

今はもう、土地を売って郊外に引っ越していて、跡地は更地のままになっている。

活気も無くなったなぁ〜、あの頃に比べると・・・・

いろんなメニューがあったが、ラーメンが自信ありということのようなので、醤油ラーメンとチャーハン小を注文。PHOTO

チャーハンは、ごく普通・・・というよりもう一つかな?

ラーメンは、丁寧に鶏出汁がとってあって美味い。チャーシューも最近流行の角煮の出来損ないのような甘ったるいものではなく、ごく正統派で美味いし、ネギも良い。

ume.jpgただ・・・・この手の透明スープの宿命か、とにかくヌルいのが残念なのと、薄味好みの小生にはちっとばかりしょっぱすぎる。

で、量が少ない。

全然満腹にならなかったのを良いことに、事務所の近所で『梅ケ家餅』 を2ケ買って食す。

この餅を食べることは、僕にとってくんちの恒例行事だ。PHOTOは中身は速攻食ったので、その残骸。

今日の仕事は、朝一で、来春のレコーディングの打ち合わせ。

大阪の方で、邦楽を中心に活動されているT氏制作の25弦筝(琴)のCD作品を手がけるのだ。

T氏は、元々長崎にいらっしゃった旧知の方なので、さくっと終了した。

いよいよ、リボンマイクを買わんといかんかな〜。

それが終わると、先月から取りかかっているF氏夫妻の楽曲のミックス作業。

このF氏、長崎では老舗のカラオケ教室のオーナーでスナックも経営しておられるのだが、僕自身は17歳の頃からの知り合いだ。

当時、ばりばりのギタリストだったF氏が演奏している店に、たまたま、10代の分際で先輩に連れられていった僕だったのだが、なぜか、F氏のギターアンプに釘付けになる。

多分、グッとくるサウンドを出していたのだろう・・・

とにかく初対面くせに、演奏終了後の一服を楽しむF氏に、厚かましくも唐突に、アンプの貸与を申し込む。

今考えても、この時の僕の行動はおかしい。もっとおかしいのは、この小僧の申し出を、大して嫌な顔もせずF氏は承諾してくれたこと。さらに言えば、僕のポジションはボーカルで、僕はバンドのギタリストのために借りたのだった。頼まれもしないのに。

しかし、考えてみると、既に当時から僕は、自分のパートのことよりバンド全体のサウンドに、より強い関心を持っていた。特にギターアンプサウンドやスネアのサウンドに。

それが良くないと気分よく歌えなかったからだ。

princeton-2.jpg勿論、ギターアンプを使う目的は決まっていた。当時、僕らは近日中にナイトクラブでの演奏が決まっており、そこで使うにはもってこいの大きさだったのだ。

(勿論、一応使うアンプは用意してあった。)

このアンプ、FenderのPrinceton Reverbという70年代初期のものだった。(PHOTO)

借りてきた僕は、早速自分のレス・ポールモデル(Aria Pro II)を突っ込み鳴らしてみた。

それまで知っていた、ヤマハのトランジスタアンプとは全然違うサウンドが飛び出してきた。

何というのか、粘っこくて艶やかで、当時の僕でも十分にその良さが分かった。

そのナイトクラブのライブは、当然のことながらとても楽しくやれたのだった。

脱線した・・・・

それから30数年。F氏もますますお元気で、僕ら後輩にはとても励みになる上、こうして一緒に仕事ができるのはとても光栄に思う。これからもよろしくお願いします。

それが終わると、レギュラーのボイトレ・レッスン。

それが終了する夕方からは、ダンスマスターズの秋の公演に向けたナレーション録り。

その合間に、これを記している。

ところで、ここんとこ、ブログを書いたり事務仕事をする際は必ずBEATLESを聞いている。

そう、先日購入したBOX-SETから選りすぐった僕のベストだ。

しかし、全213曲をI-Tunesに入れ、そこから厳選したのだが、それでも115曲。

半分以上が入ってしまった。さすがBEATLES、駄曲無し!!