Archive for 9月, 2009

 

Tin Pan Alley

9月 27, 2009 in blog

img_0674.JPG前回の続きどす。・・・・・・

午後3時前、TIN PAN ALLEYへ向かう。

このライブハウスは、思案橋飲屋街のど真ん中に位置する。

普段は、ハウスバンドが60年代から80年代あたりを中心にした洋楽を生演奏している、洋楽好きのオヤジたちにとってオアシスのような店だ。

前にも記したが、僕とこの店のオーナー近藤氏は中学時代の同級生で、かつて一緒にバンドをやっていた仲間だ。

因に、彼はベース、僕はボーカルだった。

で、ここの音響設計施工を担当し、ゲストバンドの時のエンジニアもやらせてもらっている。

今日のゲストは久々に若いバンドだ。

img_0700.JPGしかも、From USAだ。Four Minutes Til Midnihgtという。

ギターとベースが日本人。ボーカルとドラムがアメリカ人だ。

恐ろしいことに、現在3ヶ月で67カ所回るツアーの真っ最中だという。

長崎は60カ所目らしい。何というタフネス。若いって素晴らしい。

かけがえの無い体験だね。 こんな世の中で、夢に向かってひたむきに突っ走ってるなんて。

己の限界に挑むような若者たちに会うと無条件で応援したくなる。

彼らが将来ブレイクするかどうか? そんなもんは問題じゃない。

夢は、実際に手にすることより、その道程の方がより価値があるように思う。

本物の感動は、純粋なハートからしか生まれない・・・・

がんばれ!! 若者!!

・・・・

img_0677.JPGリーダーのギター君に聞くと24才だという。ほぼ僕の半分の年齢だ。

そんな男たちは当然ながら、みんなナイスガイだ。

サウンドは、少々レッチリに似たファンクロック。大好きなサウンドだ。

しかも巧い。特にドラム。これまでプロアマ問わず、相当な数のドラマーのサウンドを聴いてきたけど、ドラムに関しては、どうしても日本人は敵わないような気がする。(ほんの少数の例外は除き)

巧いのは当たり前だが、とにかくサウンドが違う。一個一個の音が立ってる。

img_0678.JPGやっぱ、筋力なんかな〜? 腕の太さと長さが違うもんね。

PHOTOは、上からギター君とベース君のエフェクトボード 。

ギター君は、ワーミーにワウワウ、MXRのフェイズ、MaxonのDelay・・

ベース君は、サンズアンプにオーバードライブにブースターにファズ・・歪みてんこ盛り。

メーカーも日米混合やね。

ギター君は。レッチリ大好き&ジミヘンにもなりたかばい、といった感じ。

ベース君も、レッチリ大好き&ファズーで昇天、てな感じ。

共通点として、Xoticのブースターを使ってる。やっぱアメリカじゃ評判良いんやね。

ワシも持っとるがな、XoticのBB Pre Amp。

因に、二人とも、Performanceというメーカーのギター及びベースを使用していた。

ボーカル君は、誰にも似てないね。そこがGood。

フランス系なんかな? フランス語の歌詞があったりして。

ライブ後、ウォッカとテキーラを一気呑みしていたのには驚いたね。

やっぱ違うぜ、身体の造りが。

。。。。。。

img_0671.JPGさてさて、お次は、いつものごとく、マニアのためのコーナー。。。

PHOTOは、ミキサーブースからの眺め。卓はYAMAHA DM1000。

ご覧の通り、サイズ的にも、これ以外の選択肢は無かった。しかし、サウンドも良いし機能も満載で、若干の使いにくさ(瞬時のモニター送りの増減とか)を除けば概ね不満は無い。

ここでは、8chのヘッドアンプを増設してアナログ28inの仕様で使っている。

アウトには、dbx160xtとKlark TeknikのDN370を直で繋いでいる。

クラテクはやっぱ良いです。

img_0673.JPG次は、メインスピーカーのハイボックス。

おなじみ、NexoのPS-15。ほどほどの価格と大きさで素晴らしい音質とパワーを持っている。

因にフランス製だ。スピーカーは素晴らしいのだが、このハコの形状(天井低く縦長で、吸音が十分でない)のため、チューニングは困難を極める。腕の見せ所だ。

ここには写っていないが、この真下にサブウーハーのLS1200がある。

38cm一発とは思えない低音が出てくる。Nexoは特に低音域の研究を熱心に行っているらしく、この小さなサブウーハーにもその成果が十分出ているようだ。

右の小さいスピーカーは、BGM用のBose125。とてもバランスが良くて、一時はスタジオのモニターに使うことを検討したほどだ。

img_0675.JPGさて次は、モニターに使っているJBLのMP415。

こいつは、安い割には良いスピーカーの代表選手だ。

確か、一発80.000円もしなかったと思う。

38cmウーハーと1インチのドライバーが乗ってて、クロスオーバーに発売元のヒビノのモディファイが施されているらしい・・・

とにかく、EQが最小限度でハウリにくくパワフルだ。

まっ、お気に入りですな。
最後に、これらスピーカーをドライブするパワーアンプを紹介しよう。

img_0676.JPG上から三台がエレクトロボイスのCP2200。

これは、すべてモニターに使っている。素直な音質で、コストパフォーマンスが高いね。

因に、8Ω駆動で、片ch、350w出力。

途中Nexoのコントローラーを挟んで、AMCRONのMA-3600VZが二台。

Nexoのハイローをすべてこいつで駆動している。

片ch4Ωで、1.300wを出力する化け物アンプだ。

いずれにしても、オープン以来まる五年を迎えても、壊れた機材は一つもなし。

一年365日×5年フル稼働でっせ。素晴らしい機材たちに感謝!!

多忙な一日

9月 25, 2009 in blog

昨日は忙しい日だった。

まず、朝から歯医者。会社の近所にある歯医者に初めて行った。

どこか痛む訳ではなく、年齢的にそろそろきちんとすべきところはしようという意味で行った 。

初診なので、何かと手続きが面倒なのはしようがない。

やがて歯科衛生士のお姉さんが迎えにきた。ちょっとアニメ顔だが中々の美人。通うのが少し楽しくなりそうだ。

そして先生。多分僕より年下だが、頭は随分と貫禄がある。何と言っても光っている。

色々と今日の説明があり、検査。

これがすげかった。これまでで初めての経験もあった。口の中を写真撮りまくったりレントゲン撮りまくったり、ピンクの粘土みたいなもん口に押し込まれて吐きそうになりながら歯形採られたり、結構大変だった。

しかし、病院てのは不思議だ。無条件で体を委ねてしまうとこがある。初対面だって言うのにだ。

昔、まだ20代だった頃の話だ。

発熱した僕は病院へ行った。かなりの高熱だったので先生がこう言った。『結構きつそうなので座薬入れましょうね。』『座薬?』

僕は座薬など入れたことは無かったが、どこに何を入れるかくらいは知っていた。

先生は離れ看護士が入ってきた。同じ年くらいの女性看護士だった。

『じゃあ松尾さん、横向いて下さい。』

横向いたとたんに、ぺろっとパンツを剥かれて、○○門ににゅるっと何かを差し込まれた。

『えっ、いきなり!!』

不覚にも一瞬快感が走った。同時に思った。

『あっ、遺憾!!いなりが見えとる!』

そりゃそうだ。同性諸兄にはお分かりいただけると思うが、仰向けに寝ている状態で、そのまま横向きになると、いなりだけ股間に挟まれる状態になって顔をのぞかせるのだ。

ふと看護士の顔を見ると、ほんのりと頬がピンクに染まっているように見えた。あくまでも主観だが・・・・

脱線した。。。。。。
今日は検査のみで次回に検査結果を見ながら今後の方針を決めましょうということだ。あ〜しんど。

そのまま移動して法務局。何やらかんやら手続きして移動、とある政府機関へ赴き手続き。

それが終わったらもう昼過ぎだったので昼飯。本日は久しぶりに永楽苑の焼きそば。ボリューム満点で美味い。

やっと事務所に帰ってちょこちょこっと用事を済ませたら準備してTIN PAN ALLEYへ。

今日はライブだ。USAからのゲストらしい。楽しみ楽しみ・・・・

ここでの話は長くなるので次回に・・・・・

で、行ってみると既にゲストバンド は到着していてソファーで寝ていた。

無理も無い、何と67カ所ツアーの真っ最中で、長崎は60カ所目らしい。

さくさくとチューニングし、さくさくとリハ、さすが日米混合バンド、腕は立つ。

バンドのリハが終わったら少し休憩して、もう一つのゲスト、コスケ率いるR-Proのダンスチーム。

彼らは、いつも発表会で一緒なので、これまた何事も無くさくっと終了。

そしてライブ。・・・・・素晴らしかった。

その後、ハウスバンドのチューニングをして、ようやく終了。

店を出たのは11時を過ぎていた。

晩ご飯を食べてなかったので、会社から歩いて1分のとこにある、屋台、朝日屋で食事。

ここは、知ってる人は知ってるラーメンの美味い屋台。

ラーメンとおでんとおにぎりを食べる。腹ぺこだったのもあるが、ほんとに美味かった。

最近長崎には次々に新しいラーメン店がオープンしている。

ラーメン好きなので、粗方行ってみたが、ここに勝る店は無いように思う。

いや、別に大したラーメンじゃ決して無いんだけど・・・・

ラーメンて、そんな大したもんでもないだろう?

ここのは、何か懐かしい優しい味がするんだ。。。。。。

事務所に戻って、ちょこっと事務整理して 、やっと本日終了・・・・

The Beatles リマスター

9月 18, 2009 in blog

去年とはうって変わり、実に秋らしい日が続いている。

このまま徐々に深まって、少しずつ寒くなってゆくのだろう。。。

さて、先日このブログでThe Rolling StonesのDVDを紹介したが、その夜、僕はさらに衝撃的なニュースを知る。

数年前から、ずーっと待ち続けて、いつ出るのか楽しみにしていたやつだ。

516-a6thfel_sl500_aa240_.jpgそれがついに発売された。『The Beatles』のリマスターだ。

(PHOTOは、Mono Box

それもただのリマスターじぁーない。ステレオミックスとモノミックスの二種で、すべてのオリジナルアルバムすべてをリマスターという、さすがビートルズ、ポップ・ロック界の帝王、スケールが違う。

中身もすげーが値段もスンゲェー。2セット合わせて約8万円也。

どーやって買うべー。がしかし、どうしても二つとも欲しい。

昔から一部のマニアの間では、モノミックスの方が圧倒的に音が良いというのが定説だ。

1960年代、当時世の中はほぼすべてがモノラルで、ステレオ装置そのものが世の中にまったく普及していなかった。

で、ジョージ・マーティンを始めビートルズの面々も証言していることだが、真剣にミックスしたのはモノラルの方で、ステレオミックスには立ち会うことさえ無かったという。

51sd5hzximl_sl500_aa240_.jpgつまり、本当のビートルズを聞くには、僕らがよく知っているステレオ盤ではなく、発売当時のUK(英国)盤を聞くしかないのだ。

(PHOTOはステレオ盤BOXセット

僕自身、ビートルマニアを自称しているにもかかわらず、不覚にも、今日までオリジナルモノマスターを聞いたことは無かったのである。

今回のリマスターは、その、オリジナルUKモノマスターを忠実に再現したらしい。

評判も上々のようだ。

・・・僕がビートルズにのめり込んだのは中学生の頃。

それまで、ごくごく普通の少年で、特別、音楽好きでさえ無かった。

それが、友人の影響でビートルズに興味を持ち、女子にモテるかも、ぐらいの不純な動機で聞き始めたものが、その圧倒的な魅力にはまり込むのに時間はかからなかった。

それからバンドが始まり、ライブやったりコンテストに出たり・・さらにはプロになることを夢見て上京したり・・・・レコーディングに興味を持った時も、その発想源はビートルズだった。

彼らの存在が無かったら、100%、今の僕は無い。

とにかく、買うことは決定だ。。。。。

くんち

9月 12, 2009 in blog

090730_132401.jpg今日は久々の雨。気温もぐっと下がって、いよいよ秋かな〜っという感じ・・・・

ランチは、最近できた市立図書館の真ん前にある『川瀬』。

ここは、本来きしめんの店で、最初の店は銅座の真ん中にある旧東館ビルの1Fにあった。(今もあるのかな?)30年位昔の話だ。飲んだ帰りによく行ったもんだ。。。。。

僕はここでうどんを食う。実に美味い。何と言っても出汁が美味い。(PHOTOは撮らなかったので、以前撮ったきしめんを載せた)

僕のソウルフードである松乃家のものとは随分違うが、これも大好きな味だ。

セットで付いている炊き込みご飯も美味い。それに安い。(定食550円)

麺は細めで柔らかい。ここが、他所の人と大きく意見が別れるとこやね。

うどん所である大阪人と、昔、麺の固さで言い合いになったことがある。

大阪人曰く、長崎のうどんは腰が無い。我曰く、うどんに腰なんざ無用。

僕が思うに、長崎人にとってうどんとは離乳食なんだな〜・・・・

まっ、また近くに美味い店が増えたということでありがたし!!

閑話休題。。。

motofuna_thumb.jpg長崎くんち・・・・長崎人にとって、その名を聞いただけでアドレナリンが吹き出す特別な行事だ。(PHOTOは、唐人船)

というか、子供の頃は行事の中身というより学校が半ドンになって、いつもはケチ腐れのおふくろさんが何故か気前よく小遣いをくれる子供にとって天国のような三日間だった 。

しかし、我が家は僕が小学校から中学にかけて踊り町の外で暮らしていたし、転勤族 でもあったので、参加なんて話は遠い異国の出来事だった。

それが不思議なもので、年を重ねる毎に、何故か毎年のくんちの出し物が気にかかるようになり、気が付けば、くんちの日は早起きしてテレビにかじりつくようになった。

よくよく考えれば、僕の生まれた伊良林町や高校時代をすごした銀屋町(古川町)、音楽活動に明け暮れた青春時代に暮らした樺島町や籠町、そして、スタジオと事務所のある元船町。 すべて踊り町だから、少しは縁もあったのだろうけどね。。。

出し物をよく見ていると、何と高校時代の同級生の顔を発見したりもして、さらにボルテージも上がるのだ。

そんな僕が、ひょんな事から参加する事になった。といっても、決してねじり鉢巻締めて担ぎ手になったり、はたまた着物を着て踊ったりするはずもない。

僕は僕らしい役割で参加させて頂く事になった 。

img_0667.JPGそれは、レコーディングだ。

僕は知らなかったが、我が元船町は今年踊り番なのだ。出し物は唐人祭。内容は、唐人船と明清楽による踊り。

そのうち、僕が担当するのは明清楽のレコーディングなのだ。

編成は、二湖?(にこ)が一つ。月琴(げっきん)が五本。バチでたたくカタカタいう太鼓のようなもの一つ。それに横笛が一本。

和やかな中にも古典芸能らしい緊張感があって、僕には似合わないが身が引き締まる思いだ。

とりわけ月琴の音量が小さく、録りには苦労するかも? チャレンジだぁ〜!!

難しければ難しい程燃える性質なのです。。。。。M?

(PHOTOは、お旅所の石畳の上で稽古する皆さん。横笛の方、正座で痛そう)

月琴は江戸時代に清(中国)から入ってきた楽器で、あの坂本龍馬の奥さんであるお龍も習っていたものだ。

これらの楽器が奏でる明清楽に乗って日舞を踊るのだ。まさに、和と華が融合する長崎らしい芸だと思う。

日舞の先生は、藤間金弥先生。 何と11年ぶりの再会だ。先生とは『長崎時空漂流記』で、大変お世話になったし、明清楽の指導をされている山野先生とも、かつてご一緒させていただいた旧知の間柄だった。

お互いに、長崎は狭いですね、と言い合って笑った。

そして一番のサプライズは、ここに僕を連れてきた人。

金弥先生でもなく山野先生でもない、まったく面識の無い方だった。

人づてに僕を知り、電話をかけてきたというのだが、後日判明したその素性がとんでもなかった。

お名前を、T・K太郎さんとおっしゃる、知ってる人は知ってる世界デビューも果たした某有名ユニット(P-5)のメンバーだった方なのだ。

昨年末、訳あって帰郷してきたということだ 。

そこで、旧知だった金弥先生の計らいで、何と言えば良いのか、一種の音楽ディレクターというかコーディネイターというか、そんな役割を担当されているらしい。

因に、同じ高校の一年後輩だ。いやー、人生って何が起こるか分からんね、おもろっ!!

The Rolling Stones

9月 09, 2009 in blog

何やかやと日々の忙しさにかまけていると、あっという間に9月も9日だ。

日中はまだまだ暑いが、朝夕はめっきり涼しくなってきた。僕の朝の日課は、愛犬二匹の散歩なのだが、つい1週間ほど前までは、必ずシャワーを浴びなきゃならないほどの汗をかいていたのが、ここんとこはシャワーを浴びるまでもない。

毎年のことだが8月は忙しかった。イベントにレコーディングに製作物に、・・・ありがたいことです。

しかも今年は、それに増して、事務関係や設備関係やらの刷新に伴う諸々の事務仕事が山盛りで、休みも、盆の二日間を除けば、取れたのは9月になってからだった。

51t6ptnxahl_sl500_aa240_.jpgしかし、忙しさにかまけてばかりではいかんのじゃ。というわけでもないが、前々から観たくてしようがなかったThe  Rolling  Stones を、あのマーティン・スコセッシ(タクシードライバー他)が撮った『シャイン・ア・ライト』を買った。

勿論、コレクターBoxを買った。そのついでに、こんな本まで買った。

PHOTO2 『ミック・ジャガーの成功哲学』 PHOTO3 『キース・リチャーズの不良哲学』

ところが、まだ、何一つ、最後まで観てないし、読んでない。

しかし、ほんのちょっと観ただけでもこのライブ映像が、ストーンズ史上最高のものだということが分かる。

このおっさんたちの尋常じゃ無さは、年を重ねるごとに、まーだ進化し続けてる、という恐るべき事実だ。

ミックは、その超人的な体力とスタイルを維持したまま、ボーカルも確実に技巧を増し、チャーリーのドラムも一頃よりリズムが安定している。

元々が、いわゆる技巧的に語られる必要の無かったバンドとも言えるが・・・・

それに、そもそもロックバンドなんざ、このくらいの広さでやるのが一番楽しいに決まっているのだ。

勿論僕に、スタジアム級でのライブ経験なんてあるはずも無いが、この際断言するのだ。

とにかく、各々が実に楽しそうなのだ。彼らを観ていると、僕らがRockに墜ちた理由をはっきりと思い出させてくれる。

そして、そのベストショットを、スコセッシの目は決して焦点を外すこと無く捉え続ける 。

何だか、剣豪同士の果たし合いにも似ている。

しかし、演出ではないだろうが、冒頭、ぎりぎりまでストーンズに翻弄されるスコセッシが気の毒でもあり面白くもあった。どんなにビッグな監督の前でも、ストーンズはストーンズであるのだ。

どっかでしっかり時間を作って、はまって鑑賞させていただこう。

isbn60202989.jpgisbn60202996.jpgそして本。・・・・・今のトコ、キースのやつを3分の2ほど読み進んだ。

正直言って、がっくりだ。

文章が全然オモロくないのだ。相手はキースだぜ。オモロくないはずが無いだろうが!!

それに、知りたい部分が、ことごとく抜けてるか軽い。

例えば、ミックと知り合ってストーンズがどんな風にバンドが成長してゆくのかとか、デビューのいきさつとか、ブライアンとの確執の詳細とか・・・・

ったく腹立つ!!

・・・・・・

・・・・

さて、話は変わるが、来月は10月。僕は誕生日がくるし長崎はくんちだ。

我がエコーフィールドは元船町にある。元船町はくんちの踊り町だ。

そして、何と何と、僕らも僕らの仕事でもって参加することになるようだ。

詳しいことは、詳細が分かり次第に報告しまーすっ!!

何はともあれ、めでたいし、晴がましいし、ありがたい!!