Archive for 5月 31st, 2009

 

縁(えにし)

5月 31, 2009 in blog

縁、えにしともえんとも読むが、今回は、えにしと読みたい。

ここんとこ、つくづく、そういう風に感じる事が続いたからだ。

img_0588.JPG例えば、昨日打ち上がったコンサート。主催者は、数日前のブログにも記した、作曲家、東 敬史さん。

彼は、10年程フランスに住んでいて、先月、突然帰崎して、唐突にコンサートを開催する事を決意、

人を当たるうちに、僕と巡り会った。

勿論、そこには伏線が有る。彼と僕とは同い年。彼が相談した友人が僕の友人だった。

まぁ、その程度のことは、この狭い町に住んでいれば茶飯事だ。

ところが、彼との縁はそんなもんではなかったのだ。

日を追う毎に、様々な事実が判明。内容は長くなるので記さないが、とにかく、彼以外の彼の家族と僕と僕の家族はずーっと前からimg_0608.JPGのお知り合いだった。

そして、極めつけが、打ち上げの席で判明した。

打ち上げ会場は『平野』(僕と同い年の友人が主人の、めっさ美味い和食の店。彼こそ、僕と東さんの仲人)だった。

そこには、スタッフとは関係無い、僕の友人、K女史の顔が・・・・なんで?

話を聞いて驚いた。

この『平野』の常連であるK女史。ある夜、ふらりと現れた敬史さんと意気投合。彼女の計らいで、演奏メンバーが決まり、会場が決まり、 ついに、コンサート開催にまで漕ぎ着けた。

この間、わずか一ヶ月。電光石火の早業だ。

img_0594.JPG要するに、今回のコンサートの仕掛人こそ、K女史、その人だったということだ。

そしてK女史、なんと、僕とは30年来の友人だったのだ。

つまり、お互いを良く知る人々がよってたかって作り上げてくれたこの仕事の中で、知り会ってなかったのは、僕と敬史さんだけだったという訳だ。

かっこ良く言えば、会うべくして出会った、僕と東さんだったのだと思う。

しかし、つくづく、縁てあるんだな〜、と思った出来事だった。

そんな人々が集ったイベントだったせいか、全く長崎で活動していないメンバーなのにも関わらず、三日間のコンサートは、中日に若干集客が減ったが、初日、楽日は満員御礼。

とてもアットホームな温かいコンサートになった。

img_0610.JPGサウンドも、ボーカルにバイオリン、コントラバス、ピアノという純アコースティック。

(ボーカルの小川麻子女史は、かつてダンサーとして日本一に輝き、シンガーとして、かのアポロシアター・アマチュアナイトで日本人初の6位入賞したとんでもない人。)

僕も、細心の注意を払ってPAした。ミュージシャンの皆さんにも喜んでもらえたようだ。
しかし、やっぱ、生は良いね〜。。。(飯島君、舛田君、本当にお疲れ様でした。。。。 )

しかし、東さんと話していると、本気でフランスやイタリアに行きたくなった。(いや、きっと行くさ!!)

東さん曰く、僕の前世は、500年前のイタリア人らしい。ほんまかいな?

・・・・・・・・・
若い頃には中々感じる事ができなかったが、僕らは、決して一人では生きてはゆけない、という事を改めて教えられた出来事だった。

まさに一期一会。。。。。

これ以外にも様々な縁(えにし)に恵まれた、幸せな五月でした。。。。

※KITONさん、本当にありがとうございました。。。