Archive for 1月 30th, 2009

 

モニターチェック!! その二

1月 30, 2009 in blog

予告通りその二だす。(そんな暇ねぇーだろっ!! 早くアレンジ進めろー!!・・・by 心の声)

時間がないのでサクサクっと行きます。

img_0166.JPGまーずその二。NS-10M+SW10サブウーハー。

こいつは、10Mと同じヤマハ製で、10インチのスピーカーを内蔵し、バスレフにより重低音を再生するシステムだ。PHOTO-1。

セッティングは簡単。ミキサーのアウトをSW10に繋ぎ、そのパラレルアウトをNS-10M用のアンプに繋ぐ。

それだけだ。チューニングは、ピンクノイズを出し、スペアナでチェックしつつバランスをとった上、最終的には、音楽を聴きながら微調整した。

PHOTO-2は、SW10のみの特性。

30〜40Hzをピークに、100Hzまで、出ているのが分かる。しかし、いわゆるフラットでは無いね。ちょっとがっかり。

PHOTO-3は、NS-10Mを足したもの。

10Mは、ほんとスコンと100Hzから下が切れているので、ほぼそのまんまの特性が出ている。

しかし、さすがというか、・・・10Mの特性はきれいだ。ほぼフラット。

img_0191.JPG実際の聴感はというと・・・・・・

う〜む。。。。。なーるほどね。。。。。何と言うか・・・・

10Mに無かったローが加わって、 ぐっとレンジ感も増し、それに伴い、迫力も量感も増したけど・・・・

やっぱり、何か不自然。

まず、それまでの、頭から胸ぐらいまで音像が、頭から足下まで広がった。当たり前だね。ウーハーは足下にあるんだから。

何が悪いのか?

ミキサーの目の前に何もなければそれも良いと思う、というかむしろより気持ちいいかもしれない。しかし、現実には、眼前には、卓や液晶モimg_0192.JPGニターやらがあるため、何か、音が分断されているような感じがする。

(実際、何らかの影響はあるだろう。物理的障害物があるんだから。)

僕は音を見ている。僕にとってミキシングとは、見ながらやるもんなんだ。音楽=絵だと思っている。

だから、僕にとって、分断されたモニターは、イコール、音像の分断に繋がる。よって、ミックスする環境としては、あまり望ましくないのかな、と思った。あくまでも私感だけど。

サウンド自体は、とっても迫力があって良かったです。

とか言っていると、運送屋さんが何やら届けてくれました。

何かと思えば、まーたモニターだす。すげーぞー藤村くーん。

DYNAUDIO BM12Aとある。先日チェックしたBM5Aの兄貴格のやつです。

出してみるとでかい。。。。。二回りぐらいでかい。

よって、モニターチェックまだまだ続きます。 。。。。。。