Archive for 12月 29th, 2008

 

今年最後のLIVE Ron Rock&ハマスカ#11 立石佐保美さん

12月 29, 2008 in blog

いよいよ2008年も押し迫ってきましたな〜。2009年まであと3日。僕の2008年の仕事もいよいよ今日、月曜29日で終了。仕事納め、という訳ですな。

恐らく今回が今年最後のカキコミになるだろう。

img_0083.JPG先週土曜27日は、NCC&Studioにて長大・Ron Rockの定期ライブだった。

規模は、今月あった同じ長大の歌おう会ライブと全く同じだ。使った機材も同じ。

ので、今回は使用したエフェクト類をクローズアップしてみた。(PHOTO)

上から、ショートとロングの二種のディレイに使ったYAMAHA SPX1000

常にボーカルリバーブに使っているSONY DSP R7

チャンネルインサートに使ったコンプ・クラークテクニック Sq-1 8ch Comp。

ギターステレオ用に使った、tc.electronic のD-TWO。

ドラムリバーブの僕の定番、Roland SRV2000。

今回は使用しなかったけれど、リバーブが良い、YAMAHA SPX2000。

いずれにしても、Comp以外の使用頻度は低い。

時代ですな〜。

このサークルは、全体的にへヴィー系のサウンドが多い。

個人的には、女子バンドが良かった。女子だからじゃねーよ。演奏が良かったんだ。

卒業で解散らしいけど、残念だね。・・・社会人になっても音楽やって欲しいね。

img_0095.JPG・・・・・・・・・・・

で、昨日28日は今年最後のハマスカ!!!

6月に始まったこのステージ企画も早半年が過ぎた。

夏のうだるような暑さをくぐり抜け、あんまり秋らしくないぐずぐずの天気もものともせず、クソ寒い冬に震えながらも、暖かい皆さんに支えられて続いてきた手作りのイベントです。

いやー、ほんとはアーケイドでライブってどうよ? なんて内心思っていた部分もあったりするのだけれど、ふたを開けてみれば、アーティストのプレイが素晴らしいのは想定済みだったけれど(当たり前やね、僕が選んでいるんだから)、何と言っても道行く人々の暖かさが嬉しかった。

みんな、普通に足を止めて聴いてくださるんだな〜。これはやっている人にしか分からないけど、とっても嬉しい事なんimg_0091.JPGやな〜。

そんな温かなハマスカ・ライブの今年最後を締めくくるのは、オカリナ奏者の立石さん。

今回は、フィドルとピアノの助っ人を加えた3人組の演奏を披露して頂きました。

立石さんは、長年アイルランド民謡を追求なさっている方だ。

アイルランド民謡とは、最近話題になったアイリッシュダンス(足を踏み鳴らすやつ)でもおなじみだが、何と言っても、今を去る11年前、全世界を涙の洪水に沈めた映画『タイタニック』のメインテーマ、と言えば、そのイメージがつかみやすい。

かのテーマに使われていた楽器がアイリッシュ・ホイッスルという小さな縦笛で、立石さんは、オカリナと共にこの楽器も操る。

澄み渡る音色・・・という形容がこれほどぴったり来る音楽も少ない。

立石さんとお会いするのは今回が初めてだけど、そのナチュラルな佇まいと音楽はぴたりと重なる。

いつも思うのだが、音は体を表す。音楽とは生き様なんですな。。。。。

風もなく、時期の割には温かな気候も幸いして、道行く人の足を釘付けにしていた。

こうして、2008年最後のライブは終了した。

思えば、このブログも開始してちょうど一年経ちました。数少ない変態読者の皆さん!!  こんな変態ブログを読んで頂いてありがとう!! これからもよろしくお願いしますだ!!!

本当に皆さん、今年一年、お世話になりました。ありがとうございました。仕事始めは五日からの予定です。

・・・それでは皆様、良いお年を!!!