Archive for 12月 15th, 2008

 

Live.Live

12月 15, 2008 in blog

img_0007.JPG週末はライブ漬けだった。

土曜は、恒例の長大『歌おう会定期コンサート』。日曜はハマスカ『華唄泥棒』。

歌おう会定期は、ここんとこずっと、茂里町のNCC&Studioで行っている。

このホールは、これ位のキャパで使い勝手の良さで言えば、長崎では、もはやここだけ、と言っていい。

PAサウンドに適したデッドなハコで、ロックバンドが満足する爆音を躊躇無く出せる。

PHOTOは使用した機材達。

一枚目は、SOUND CRAFT MH-3-40inを中心とした卓周り。

ミドルクラスの卓だが、さすがにメイド イン イングランド。img_0008.JPGサウンドもしっかりしていてSNも良い。

しかし、エフェクトが減った。一応、ディレイを二種、リバーブを二種を用意しているが。使い方は、あくまでも控えめだ。インサート関係も、ゲートは一切使わなくなった。が、コンプはかなり使っている。
このクラークテクニックのコンプはかなり使い勝手が良い。

二枚目は、ステージ全景。メインスピーカーシステムはEAW KF850+SB850、コロガシはすべてJBL MP-415を使用している。

KF850は、決して最新式のスピーカーではないが、そのクリアでストレートな音質が僕は好きだ。パワーも充分。使い方を間違わなければまだまだ充分通用するシステムだと思う。

モニターに使っているJBL MP-415は、ここ数年のPA機材の僕の中のベストだ。

img_0021.JPG何しろ使いやすい上に安価だ。EQも最小ポイントでピシャリ決まる。パワーも充分。数年前までのメインだった某○Vの○○02などと比べても圧倒的に使いやすい。

※ 機材提供リアルワークス  Thank you Mr.Miyazono

肝心のライブの中身。学生君達は、日頃の練習の成果を発揮すべく精一杯演奏していた。

遠く過ぎ去った日々を想いながら、おっさんは少し羨ましかった。。。。。

・・・・・・・・・・

さて、日曜のハマスカ!!

img_0019.JPGその前に、その日の昼食。僕のソウルフードの一つ、『松乃屋』のうどんと押し寿司&いなりだ。
その甘みの強い出汁と細くて柔らかい麺が、市外の人には、必ずしも受け入れやすいとは言えないらしいが、長崎人にとって決して外せない味だと思う。

僕も、物心ついた頃、おばあちゃんに連れて行ってもらって以来その味の虜だ。

浜の町で、吉宗の茶碗蒸しと共に残った数少ない昔ながらの貴重な味だと思う。いつまでも残って欲しい味だ。

・・・・・・・・・・・

さて、ようやく本題。今回は、期待のデュオ、『華唄泥棒』

リードボーカルとジャンベを担当する“あや”と、ギターとコーラスの“あつみ”。2人とも21才らしい。

彼女達は、確か一昨年の長崎県ライトミュージックのグランプリ獲得者だ。

img_0033.JPGそれも、あのチャーに選ばれた実力者だ。

僕とは既に、先月の長大祭で手合わせ済みだ。よって、リハはさくさくと進んだ。

彼女達もさすがにライブ慣れしていて、すべてがスムースだ。

気の毒だったのは寒さだ。ギターもジャンベも手がかじかんで大変だったと思う。

しかし、彼女達はプロ指向。弱音など決して吐かない。

やがて始まったライブ。客席にも常連さんたちが来ているようだ。

img_0043.JPGさすがにグランプリ。とても魅力的な声。透明感があって可愛らしい。

その生活感があるのにどこか浮遊している歌詞にもぴったり合っている。

演奏も、以前聞かせてもらったCDよりも一段と進歩している。かなり練習している証だ。

とても寒かったが、かなりのお客様が足を止めて聞き入っていた。

終了後のCD販売は、ハマスカ中最高だったんじゃないかな。

彼女達の前には洋々たる未来が待っている。それは同時にとてつもなく厳しく険しい道でもある。

できることなら、その音楽同様、ひょうひょうと乗り越えて行って欲しいものだ。

さて次回、12月28日のハマスカは、漂泊のオカリナスト、立石佐保美さんです。お楽しみに。