Archive for 8月, 2008

 

愛機シリーズ#19 tc.electronic Finalizer PLUS

8月 28, 2008 in blog

080828_130601.JPG

今日の昼食は、久しぶりに、新地の“桃苑”に行った。

日航ホテル?(全日空?)だったかな? の二階にある中華レストランだ。

チャンポン・皿うどんをはじめ、様々なメニューがあるが、僕の目当ては、ほぼ一品。

日替わりランチだ。

これは、写真でも分かる通り、4品ものおかずにスープ、おまけに、デザートもしくはコーヒーまで付いて、840円、という安いを通り越して、元手が取れるのか心配になる程のサービスメニューだ。時にはスープがラーメンになったりさえする。

因に今日は、季節の野菜の中華風天ぷら、鶏と野菜の香味炒め、スーパイコ風エビ、牛スジとゆで卵の煮込み、春雨スープというメニューだった。

当たり前だが、味には一切の手抜きなし。どれも、長崎らしくあっさり優しい味付けで、中華にありがちな油まみれ感が一切無い。近年、メタボの道まっしぐらの僕であるが、思わずごはんをおかわりしてしまう美味さだ。


同じように、盛りだくさんの旨味を満載しているのが、今回のゲスト、tc.electronic Finalizer PLUSだ。

これを手に入れたのは、ちょうど10年前の事。

この頃、というか、それまでの数年間、僕はあることに悩まされ続けていた。

cimg1117.JPGそれは、CDの音圧だ。この頃、CDが出始めた頃と比べると、飛躍的に音圧がアップしていた。

デジタルは厳密なレベルの天井がある。それをオーバーする事は許されない。

つまり、何らかの方法で、音楽的質感を保ったまま、リミッティングしなければならない事を意味していた。

僕は悩んだ。当時、僕らが手に入るものといったら、普通のアナログ・コンプ・リミッタぐらいだ。それでできる事には自ずと限界があった。

当時のアナログ機器を目一杯駆使しても、発売されているCDと比べると、6db近くの音圧差があった。6dbといえば、聴感上で半分だ。これはきつい。

うちのスタジオを使ってくれるバンドさんたちからも、音圧アップの要求ががんがん来ていた。

そこで、東京のマスタリングスタジオにマスタリングをお願いすると言うコースを作って出してみた。名前を出せば、その道の人なら誰でも知っているビッグネームだ。

ところが、それでも思ったように音圧を上げてくれない。思いあまって、直接尋ねてみると、実は、これ以上はお勧めできない。市販品があれほどボリュームがあるのは、レコード会社の指示により、少々歪むのを承知で無理矢理上げている。との回答があった。

な〜るほどな、とは思ったが。音圧はアップしないままだ。そんな時だった。ファイナライザーの告知があったのは。

パラメトリックEQ、マルチバンドコンプ、ピークリミッタ、ノーマライザー、エキスパンダー、etc・・が一台に詰め込まれた、まるで、魔法のような機材だった。

早速、デモ機を取り寄せた。一番普通のプリセットにDAT音源を通してみた。・・・・

結果は、・・・・正に魔法の箱・・だった 。

音の印象は、まず、当然のように音圧がグッと上がり、ビシッとタイトに引き締まる、という感じだ。
特に低域の引き締め感が心地よかった。

もう買うしかない。わずか1U(厚さ4.5cm)の機材としては高めの40万円。 だが、安く感じた。

それから10年。音楽レコーディングの際は、ほぼ常に、最終段に無くてはならないものになっている。

今や時代は、DAWのフルデジタル時代。マスタリングコンプも天井知らずのマスターリミッタも、プラグインで自由自在だ。

僕も当然使っている。しかし、それでもそれだけでは満足のいくサウンドを得られないのも、また事実なのだ。

僕は、ミックス→マスタリングの際、DAWでグルーピングした音源をO2Rに立ち上げ(ここでマスターEQ)、ミックスしたものをアナログで出してアナログコンプのDBX162SLを通し、ファイナライザーを通し、デジタルでDAWに戻す、という面倒くさい事をやっている。(デジタルは24bit48khz)

でも、いくつものやり方を試したあげく、現時点では、このやり方が最も僕の欲しい音に仕上がるのだ。

ただ、この魔法の箱も、使い方にはちょっとしたコツがいる。ノーマライザーでレベルを上げると、早めに歪み出すし、中域にピークの多い音源も、歪み易い。

しかし、それでも、まだまだプラグインよりも良いと僕には思える。

デジタル機器である以上、プラグインに完全に凌駕される日も近いかもしれないが、

それまでは、がんばって働いてくれよ〜。

ハマスカ#4

8月 26, 2008 in blog

cimg1104.JPG一昨日の日曜、僕の担当日のハマスカだった。

ゲストは、長崎が誇る自由・音楽人“マンボ稲松”さんだった。

彼の事は、地元の有名人なので知る人も多いと思う。

僕にとっては、30年来の大先輩であり、様々な仕事でも、大変お世話になった方だ。

初めて彼を見た30年程前、彼は、緑色の髪の毛で、当然ロン毛。ブリーチしたデニムの上下にカウボーイブーツ&レイバンのサングラスで、てっきり外人だと思った僕は、なかなか近づけなかった。

それから5.6年経って、稲松さんが創立メンバーとして参加した制作会社パパズミュージックに、僕が出入りするようになって、ようやく親しくさせて頂いたように思う。

実際話してみると、正に、“愛と平和の自由人”そのものだった。

今回、僕は残念な事に、他の現場が入っておりハマスカには参加できなかったのだが、いつものように熱いボーカルが炸裂した素晴らしいライブだったと聞いた。

現在、思案橋は“Tin Pan Alley”と崇福寺通りの“Have A Chat”にて、定期演奏をされているので、是非、彼の熱いボーカルに触れて頂きたい。

最後に、僕からの稲松さんへの提案です。『ちゃんとレコーディングしましょう!!』

素晴らしいオリジナル楽曲も数多くある稲松さんなのだが、いかんせん、生来の自由気質が邪魔してか、きちんとした形になっていないのが、僕は残念でならないのだ。

いつの日か(できれば近いうちに)、皆様に、マンボ稲松の素晴らしいオリジナルアルバムの完成を報告できる日を楽しみにしている僕なのでした。

愛機シリーズ#18 SONY MDR-CD900

8月 21, 2008 in blog

今年は、季節の変化が早い。つい数日前まで、真夏の太陽が照りつけていたのに、お盆を過ぎると、誰かが、スイッチを切り替えたように蝉の鳴き声は減り、秋風がそよぐ。

さぁ、夏仕事ももう少し。身体を壊さないようがんばりましょう。

cimg1113.JPG

で、久々の愛機シリーズ!! 今回は、SONY MDR-CD900。ヘッドホンだ。

ちょい地味だけど、ヘッドホンも非常に重要な音響アイテムだ。

まずは、レコーディングする本人のためのモニターとして、ミックスの際のモニターの一つとして、PAの際のモニターとして、音響の現場には無くてはならないアイテムだ。

僕も当然、この仕事を始めた当初からずっと使い続けてきたし、信頼のおけるモデルを探し続けてきた。

それは、同業者のすべてが同様だったようで、やがて、業界のスタンダードモデルの登場に繋がってゆく。

それが、今回のゲスト、MDR-CD900だ。発売は・・・・確か、1994年か95年位だったと思う。

待ち望んでいた一人である僕は、発売を知るや否や購入した。

話は前後するが、当時僕は、バンドを二つやっており、自社のレコーディングスタジオで、週一づつ、合わせて2回の練習をやっていた。

レコスタで練習する利点は色々あるが、最大の利点は、常にレコーディング状態で練習しているので、直ぐさまレコーディングする事ができる、という点だ。

ただ、欠点もある。部屋の広さとモニターが十分でないので、ドラムはブース、他のメンバーはコントロールルームに分かれて演奏するため、ドラマーとのアイコンタクトがとり辛いし、モニターがヘッドホンになるので、音圧を体感できない。

しかし、このヘッドホンでモニターするという事は、欠点でもあるが利点でもある。非常にクリアーに音が聞こえるため、演奏が非常にしやすくなるし丁寧になる。

つまり、僕らの練習はヘッドホンなしでは成立しない訳で、練習がスタートすると同時に、直ぐさま僕は、使用しているヘッドホンにどうしようもなく不満を感じるようになった。

使っていたものは二機種。一つは、SONYの25.000円位のもの。これは、能率も高く音質も良かったが、若干、低音が出過ぎる上、大きすぎるし、何より、複数必要なスタジオには高価すぎた。

もう一つは、FOSTEX社の10.000円位のもの。雑誌にのっていた、某ガレージメーカーのエンジニアが絶賛していたので買ったのだが、音質云々より、能率が低すぎて、これまたバンド用としてはもう一つだった。

そんな状況の中で、このCD900は登場した。

とりあえず飛びついた僕だったが、実際に使うまで不安は大きかった。『もし、使い物にならなかったらどうすんべ?』

心配は杞憂に終わった。メンバーも口々に言っていた。『ヘッドホンでこんなに違うんやね〜。』

能率も充分、音質も、実に聞きやすいフラットなものだった。

cimg1114.JPG

それから十数年。CD900は、スタジオスタンダードとして不動の地位を築いている。

もちろん、これより音質の良いものは、世の中にゴマンとあるだろう。価格さえ問わなければ。

しかし、スタジオは趣味や遊びではない。現実的な価格で、丈夫で、音質も良く、能率高く、いつでも手に入らなければならない。しょっちゅうモデルチェンジをしたり、廃盤になったりは許されないのだ。

さらにいえば、CD900は、各パーツ毎に購入できるし、入れ替えも簡単だ。

僕がこのとき購入したCD900は、以来十数年になるが、ダイヤフラム以外、すべて交換しながら、現在でもバリバリの現役だ。

もちろん、それからも新しい機種探しをやめた訳ではない。同じSONYの7506、驚異的安価のC-Pro<、BEHRINGER、audio-technica・・・etc

様々な機種を、試したり、実際に購入したりして比較してきた。

しかし、結局、最後に残るのは、いつもCD900なのだ。あるものは、音質で、あるものは価格で、あるものは能率で、敗れていった。

因に、あくまでも個人的見解だが、巷で評判の、SONY対決(CD900 vs MDR7506)は、僕的には、900の圧勝cimg1115.JPGだった。7506は、ドンシャリで、いかにもローハイが伸びているような感があるが、モニターとしてはよろしくないと思う。装着感も、900と比べるときつくて、長時間はつらい。

安価で有名なC-Proは、900を超えたかのような誇大広告が目につくが、聴けば分かる。
位相も良くないし、レンジが狭くて、900から付け替えると、ラジオになったのかとさえ思う。 値段からすればこんなものかとは思うが、仕事用としては難しい。

去年、久しぶりに新品のCD900を買った。

もちろん、直ぐさま比較した。

結果は、・・・・・

かなり違っていた。・・・・

当たり前か。

新しいものは、古いものと比べると、ローが豊かになっていたが、ミッド以上の解像度が下がっているように感じた。・・

・・もちろん、あくまでもCD900の中での話だが。

とにかく、日本のスタンダードヘッドホンであるCD900。
SONYさん、いつまでも、作り続けていって欲しいもんです。

僕も使い続けて行くのだろうな〜 。

名盤シリーズ#7.8.9.10

8月 12, 2008 in blog

暑過ぎてしばらくサボってました。名盤シリーズ、久々の更新です。

だからというわけでも無いが、本日の名盤シリーズは、4枚同時の大盤振る舞い。

70年代初頭、ハードロックと共に音楽界を席巻したプログレッシブロック。

中でも、キング・クリムゾン、エマーソン・レイク&パーマー、ピンク・フロイド、イエス、というこのジャンルでは泣く子も黙る四天王のそろい踏みだ。

トップに紹介するのは、キング・クリムゾンの1969年のデビューアルバム『クリムゾンキングの宮殿』だ。

cimg1110.JPG

1969年 制作

タイトル: クリムゾンキングの宮殿

プロデュース: キング・クリムゾン

エンジニア: ロビン・トンプソン

Recorded at Wessex Sound Studio, London

この作品が発売されたのは、1969年の10月。
それが、翌70年の2月には、チャートのトップに君臨していた、あのビートルズの不朽の名作であり最後の作品『アビー・ロード』を蹴落とし、トップへ躍り出たのだ。

全くの新人バンドでありながらの快挙に、この作品の内容が世界に与えた衝撃の大きさが分かろうというものだ。

僕が、この作品を初めて聴いたのは1974年。中三だった。

一曲目の『21世紀のスキッツォイドマン 』(当時は、21世紀の精神異常者、というタイトルだった。)の歪んだボーカルは衝撃だった。卓のヘッドアンプで歪ませたのか、ファズを使用したのかは未確認だが、つい二、三年前の、歪みボーカル大流行が思い出されるが、1969年には、すでにロックはここまで来ていた。 しかも、圧倒的な次元の高さで。

もう一つ忘れられないサウンドが、『エピタフ』のアコースティックギターに掛けられたリバーブだ。

おそらく、EMTのプレートエコーだと思うが、その深く暗く重いエコーが、ギターの音を、まるで錫杖のように響かせていた。

後に僕は、このサウンドを再現するために、デジタルリバーブを使って、相当四苦八苦したことがあるが、どうにもこうにもこのサウンドの再現にはいたらなかった。

さて、次は、1972年に発表の、イエス『CLOSE TO THE EDGE〜危機〜』

cimg1109.JPG

1972年 制作

タイトル: 『CLOSE TO THE EDGE〜危機〜』

プロデュース: クレジットなし(恐らくイエス自身)

エンジニア: クレジットなし

このクレジットなし、というところが、このアルバムのサウンドの質を物語っている。

初めて聞いたのは、やはり1974年、中三の時。当時も、なんとなくごちゃごちゃした音だな、と思っていた。

30数年ぶりに聞いた本作は、正直、サウンド的にはガッカリものだった。唯一、アラン・ホワイトの ドラムサウンドだけが突出して良い。ドラムのチューニングも含め、実に現代的なロックドラムサウンドになっている。

後は、定位にしてもバランスにしても音質にしても首を傾げるようなところばっかりが耳につく。

この作品は、サウンドで相当損していると思う。それなりのエンジニアによってミックスされていれば、さらに高評価になったと思うのだが、実に残念だ。

サウンドとは関係ないが、僕が中三当時、一時、曲が長ければ長い程偉い、という変な流行があって 、その点、この作品は実に偉かった。なんと言ってもA面に溝が無い!!(A面全部で一曲ということ。)

それと、個人的に、イエスの一連のジャケット・デザインが大好きだった。デザインというより、絵画。それだけでアートだった。

この頃のバンドのジャケットデザインは、実に力作ぞろいだ。この後紹介するEL&Pに至っては、あのギーガーが手がけている。彼は、後にエイリアンのデザインでその名を広く知らしめる事になるスイスの大家だ。

さて、EL&P=エマーソン・レイク&パーマーである。

cimg1108.JPG

1973年 制作

タイトル: 恐怖の頭脳改革

プロデュース: グレッグ・レイク

エンジニア: ジェフ・ヤング、クリス・キムジィー

スタジオ: アドビィジョン・スタジオ(ロンドン)

この作品を初めて聞いたのも1974年、中三だった。

これはショックだった。荘厳華麗な一曲目で幕を開けると、二曲目のトッカータで、まさに脳みそをかき回されるような感覚にたたき落とされ、そこからは一気にラストまで、息つく間も無い43分2秒だ。

このアルバムのサウンドはイエスのそれとは大違い。綿密に計算され尽くしたアレンジに即したサウンドメイクが完璧に施されている。

ちょっとボーカルのリバーブが過多な気もするが、グレッグ・レイクの好みなのだろう。しかし、そのボーカルも、単純なリバーブだけではなく、ショートディレイを駆使した深みのあるもので、この作品にぴったりだ。

特に素晴らしいのは、定位とパンニングだ。これ以上無いほど考え尽くされたアレンジの音一つ一つに、文句なしの場所が与えられている。

面白いのはドラムで、あくまでもジャズ的な録り方がされているようだ。

そう、全体的には、ジャズやクラシックのように、ひたすら自然に録られているサウンドを、ミックスでは、エコーやパンを駆使する事で、よりロック的に仕上げてあると思う

とにかく、あるエフェクトといえば、リバーブとディレイくらいしか無い時代に、よくぞここまで、と思う程、万華鏡のようなイメージすら受けるサウンドだ。ひたすら敬服するのみだ。 しかし、キース・エマーソンは巧い!!

さて、四天王の最後を飾るのは、やはり1973年発表の、歴史的作品。ピンク・フロイドの『狂気』

cimg1111.JPG

1973年 制作

タイトル: 狂気

プロデュース: ピンク・フロイド

エンジニア: アラン・パーソンズ

スタジオ: アビー・ロード(ロンドン)

この余りにも有名な作品をコメントするには勇気がいる。

初めて聞いたのは、1975年、高一だった。

彼ら、ピンクフロイドは、これまで紹介した三バンドとは、音楽的にはかなり趣を異にしている。

前三者は、そのバックボーンに、必ず、ジャズやクラシック、トラッドフォーク等を感じさせるが、PFには、ほとんど感じられない。音楽的には、あくまでも、ロック。それもブルースベースで、よりサイケデリックなロックが、彼らの本質なのだと思う。

では何故、プログレの大家として認識されているのか?

それは、何より、曲の一部としてSEを駆使し、シンセサイザーを他のバンドのように、既存の楽器の代わりとして使用するのではなく、全く新しい楽器として(例えば、現在のループのような)使用した事。

つまり、新しい音楽を創造したからに他ならない。

しかし、この作品を聞いても感じる事は、この時代のエコー(EMTプレートエコー)の、音質の良さだ。

タムに掛けられたエコーの深い事。デジタルリバーブでは、なかなかこうはならない。

また、この作品のエンジニア、アラン・パーソンズは、後に名エンジニアとして名を挙げるが、彼のこの作品への貢献度は計り知れないだろう。SEの製作者として。

やはり、名作の陰には必ず名エンジニアがいる。

当時はレコーディング機材の一大革新期でもあった。全てが真空管(チューブ)製だったものが、特に卓やテレコなどは、オール石(トランジスタ)製へ変貌を遂げた。

お陰で、ビートルズのアビー・ロード等も、それまでのサウンドとガラッと様変わりしている。

特に大きく変わったのが、ドラム等の打楽器のサウンドだろう。ドラム特有の強力なローエンドや、スピードのあるアタックを拾えるようになった。つまり、よりタイトでワイドレンジなサウンドになった。

当時のエンジニアやミュージシャンの多くには、音が冷たくなった、と不評だったらしい。

しかし、この四天王、いずれもイギリスのバンドで、作品の発表は、すべて1969〜1970年代の初期だ。

ビートルズから始まるブリティッシュ・ロックの勢いを、まざまざと見せつけられるような時代だ。

ハマスカ#3

8月 12, 2008 in blog

今年の夏の暑さはたまらんですな。極端に雨が少ないから余計にそう思う。

この季節は、我々の業界の稼ぎ時だ。これでもか、というほど汗をかきながら飛ぶように月日は過ぎてゆく。

はっと気づいたときには既に秋風がそよいでいる。・・・・こうしてまた年を一つ・・・はぁ〜

prof.gif

お盆前のハマスカ!! 今回のゲストは唐川さん。なんと、北海道は釧路産ときた。釧路と言えば、ほぼ、日本の東端だ。言わずもがな長崎は、ほぼ西端(沖縄を除けば)。その直線距離は1800kmもあるらしい。

まさに、東西をまたにかけているわけですな〜。

しかし、その音楽はかなり密室的。(お宅的? 失礼唐川君。)ビートルズとスペクターサウンドを標榜するだけに、その重層的なアレンジに彩られた楽曲は、ポップ且つマニアック。

意識的に感情を排したような特徴のある歌い方は、なんとなくギルバート・オサリバンを彷彿させたりもする。

もともとドラマーだったという氏の詳しい略歴はよく分からないが、大阪芸大出身と言う確かなバックボーンもあわせ、長崎では数少ないレベルの高い音楽を創作しているアーティストの一人だと思う。

近々、Be-7あたりでもライブをされているそうなので、是非、ご自分の耳と目で、唐川ワールドを体験して頂きたい。